新米の一歩目

就職をきっかけに本当にやりたいことを見つけた新卒、映画の魅力を人に伝える仕事のために邁進!アメコミ、映画、海外ドラマ、ゲーム、散歩、いろいろ好き。

【アメコミ感想】ウィンターソルジャー:セカンド・チャンス

ウィンターソルジャー:セカンド・チャンス

 

 

あらすじ

 第二次大戦中、キャプテン・アメリカの相棒として戦場を駆け抜けたバッキー・バーンズ。

  ナチスドイツの降伏直前、北海に消えた彼はソビエトに回収され、暗殺者ウィンターソルジャーとして蘇った。

 幾多の任務をこなし、裏社会の伝説となった彼はかつての親友であるキャプテン・アメリカの助けで、バッキーとしての人格を取り戻したが、犯した罪への後悔の念が消えることはなかった。

 己の過去を悔いた彼は、同じく過去の犯罪と手を切ろうとする者の支援プログラムを開始するが……。

 ウィンターソルジャーの新たな旅立ちを描く最新作が登場!

 

本書より引用

 

概要

 こんちは!Shoindyです!

 今回紹介するのは11月末に発売されたウィンターソルジャー(以降バッキー)の単独誌「ウィンターソルジャー:セカンド・チャンス」です。バッキーといえばMCUシリーズでもセバスチャン・スタンが演じており非常に知名度も人気も高いキャラクターです。キャラクターとしての歴史は非常に深いものの、実際に活躍しはじめたのは割と最近だったりします(それまでは復活しないキャラクターの代表格の一人だった)。それもあってか(?)、このコミックスはかなり最近、なんと今年の上半期に連載されたコミックスなのです!爆速翻訳万歳!

 

アベンジャーズ エンドゲーム ウィンターソルジャー バッキー・バーンズ 1/10 バトルジオラマシリーズ アートスケール スタチュー

 

ドラマ化希望!バッキーと少年の再起の物語!

 さて、そんなバッキーの単独誌の物語は、彼とある少年との出会いから始まります。かつて、(洗脳されていたとはいえ)ヴィランとして殺人をも行っていたバッキーは贖罪も兼ねて、自分と同じように人生をやり直したいヴィラン(スーパーヴィランではなく、ヒドラで働いていた人など)を救うという活動を行っていました。

 そんなある日、バッキーの元に襲撃者が現れます。襲撃者は幼く、かつてキャプテン・アメリカのサイドキックを行っていたころのバッキーのコスチュームを身にまとっていました。

Captain America and Bucky: The Life Story of Bucky Barnes (Captain America (2004-2011)) (English Edition)

 

 少年はソビエトではなく、ヒドラによって引き取られ、育てられていた孤児でRJという名前でした。RJを返り討ちにしたバッキーは自信と重なる部分を感じ取り、少年を引き取ることに…

 という流れでこの物語は始まるのですが、本作の絶対の魅力はその”ドラマ性”にあります。スーパーヒーローの物語としての側面は非常に薄く、このドラマチックなストーリー展開が非常に引きこまれる物として仕上がっています。イメージでいえば、映画「ローガン」が非常に近いのではないでしょうか。

LOGAN/ローガン [AmazonDVDコレクション]

 ローガンとは異なっている部分としては親のスタンスの違いでは無いでしょうか。ローガンは元々周囲の人間を拒絶していた人物であり、そんな中で否応なしに行動を共にする事になったローラと過ごす時間が彼の心を溶かしていくストーリー展開でした。だからこそ、ローガンがローラを愛するまでの展開と、彼女の為に身を挺する姿が感動をうみだしました。

 しかしながら、今作ウィンターソルジャーはバッキーの意思でRJを保護しています。バッキーが進んで親となっているため、心を溶かされるのは子であるRJという事になります。重要なのは、バッキーが望んで親の立場になったことで「自身の不完全さ」を噛みしめさせられるというドラマが生まれるという事。大人だってカンペキじゃないし、沢山悩んで苦しんで失敗をしているけど、それでも子を正しく導く為によく見せようとするという展開が生まれます。こういった展開は映画でもよく見受けられますが、そこに”ウィンターソルジャーとしての過去”や、”ハイドラの兵器”という暗い部分が加わったことで、他では見ることができないシリアスさやオリジナリティが生まれます。

 

まとめ

 バッキーが主人公の、ドラマチックかつ切なくやるせないコミック。ストーリーだけでなく絵もおしゃれで一気に読みこんでしまう素晴らしい作品でした。上述したように本当にドラマ向きで(スーパーパワーを持ったキャラクターが少ないので)あるため、ウィンターソルジャー&ファルコンの後でもいいから是非ともドラマ化してほしいところです。

 値段も高くないので、バッキー好きの方には超おススメでした!!

 

 

ウィンターソルジャー:セカンド・チャンス

ウィンターソルジャー:セカンド・チャンス

  • 作者:カイル・ヒギンズ
  • 出版社/メーカー: ヴィレッジブックス
  • 発売日: 2019/11/29
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

【アメコミ感想】スパイダーマン:ブランニュー・デイ2

スパイダーマン:ブランニュー・デイ 2 (ShoPro Books)

 

 

あらすじ

新たなる強敵登場!!

人気シリーズ第2弾!身に覚えのない連続殺人事件の容疑者として警察に追われる一方で、ニューヨーク市民を脅かす新たな怪人フリークが登場!さらに季節外れの大雪が街に降り積もり、それとともにマヤ文明の狂戦士が出没する。ウルヴァリンが援護に駆けつけるが!?

 

本書帯より引用

 

概要

  こんちは!Shoindyです!さて、早速ですが今回ご紹介するのは、先月”初心者でも楽しめるスパイダーマン”として紹介した「スパイダーマン:ブランニュー・デイ」の続編にあたる「スパイダーマン:ブランニュー・デイ2」です。アメコミにしては珍しくめちゃくちゃ分かりやすいタイトルですね。なお、前回の第1巻について知りたい方はこちらをどうぞ↓

 

www.shoindy.com

 

 

ブランニュー・デイ初のチーム・アップ!頼りになる味方の登場!

 さて、前回のストーリーではスパイダーマンのマスクを被った強盗にウェブシューターを奪われたこと、Mr.ネガティブの登場、ジャックポッドの登場などの展開がありましたが、第2巻ではここらへんのストーリーはいったんお預け。今回はフリークという新ヴィラン戦と、マヤの狂戦士との戦闘が描かれます。

 

フリーク編

 メインに据えられているヴィラン「フリーク」。彼はメイおばさんも働いているシェルターである”FEAST”に時折出没する麻薬中毒者のホームレスでした。しかし、ある日地下に隠されいたカート・コナーズ博士の薬を麻薬と間違え注入し、異形の怪物となってしまいます。

 出自が出自なだけありスパイダーマンはかつての宿敵コナーズ博士(今はリザードではないようです)と協力し、フリークの討伐に挑みます。

f:id:shoindy:20191114160403p:plain

Marvel unlimitedより引用

見た目はかなりやばいフリーク、能力も敗北するたびにさなぎに戻り、負けた原因の耐性がつくという厄介な能力。

マヤの狂戦士編

 こちらは突如始まったストーリー。必要性は謎ですがオチはかなり秀逸。このストーリーではあのウルヴァリンとチームアップ。会話の仕方的が対等な関係を匂わせていて素敵です。キャップとかアイアンマンだとスパイダーマンは下の立場感出ますからね。

MAFEX マフェックス No.096 ウルヴァリン コミックバージョン 全高約145mm 塗装済み アクションフィギュア

 物語としてはマヤの強力な敵相手に戦っていたスパイダーマンが、助けたホームレスのバーンに助けられて危機を乗り越えるというもの。たったそれだけなのですが、素晴らしいのはその結末。ピーターに戻った後、いつもの事ながら金欠に苦しむピーター。そこでふと、ピーターはバーンを見かけます。手には”スパイダーマンと一緒に世界を救いました。お恵みを”という看板。人々が当然バーンを無視するなか、ピーターはなけなしのお金全てをバーンに譲ります。たったこれだけの1ページ程度の部分なのですが、ピーターらしさが前回で非常に素敵でした。

 

まとめ

 メインストーリーの進行は緩やかながら随所にスパイダーマンの魅力が詰まっている第2巻。次回はあのスクリューボールも登場とのことでこの先にも期待が高まります。なによりこのシリーズは絵がめっちゃ好み!調べてみるとPHIL JIMENEZ氏という方らしいです。まだアーティストはあまり詳しくないのでまた新たな魅力が発見できて良かったです!

 

 

スパイダーマン:ブランニュー・デイ 2 (ShoPro Books)

スパイダーマン:ブランニュー・デイ 2 (ShoPro Books)

 

 

 

 

【アメコミ感想】マーベルライジング

マーベルライジング

 

 

あらすじ

 アルバイトでプログラムの授業を受け持ったスクイレルガールと、その授業を選択したMs.マーベル。

 互いの素性を知らぬまま出会った二人のヒロインは、突然の事件を通して深めていくのだが……。

 アニメ『マーベルライジング』の原案となる、新感覚のヒーローコミック!

 

本書より引用

 

概要

 こんちは!Shoindyです!今回紹介するのは以前紹介したアニメ『マーベルライジング』の原案となるコミック「マーベルライジング」です。アニメと違ってアース-616が舞台であり、メンバーもアニメより少ないMs.マーベル、スクイレルガール、アメリカ・チャベスインフェルノの4人だけ(第二弾ではマイルスやクエイクも参戦するようです)となっています。

 本書の解説によると今作はMCUの存在の影響を大いに受けた一作となっています。メンバーが全然MCUと絡んでいないのに何が?とお思いかもしれませんが、実はそういう事ではなく、もっと広域に影響を受けているのです。

 MCUの公開とヒットにより、マーベルは映画やファッションはもちろん、コミックにも注目されるようになりました。それまでの30~40代の男性がターゲットだったコミック市場にも見直しが必要になり、若い世代や女性にも受け入れられるコミックの発行が要させることになりました。そこで作り上げられたのがこのマーベルライジングなのです。

 

テーマも現代風。孤独と電脳

 そんな今作は学校が舞台となって繰り広げられます。学校といっても恵まれし子ども達の学園だったりアベンジャーズアカデミーといったスーパーパワー持ち専用の学校という訳では無く、本当に普通の学校。Ms.マーベルもカマラ・カーンとしての一生徒として学校にきているだけですし、スクイレルガールもドリーン先生として教鞭をとっているだけです。完全に偶然。ちょっとカマラの学園生活が映るのですが、遅刻常習犯で学業とヒーロー業を兼任に苦心しているあたり一昔前のピーターを彷彿とさせられてなんだかほっこりします。

 

 

テーマはゲーム世界

 今作のヴィランであるエミュレーターの能力はゲームの世界を現実に持ち込むことが出来る能力。ゲーム世界アイテムはチョコボっぽかったりゾンビだったりMMORPGだったり…スカイスクロールなるエルダースクロールなものだったりとゲーム好きならニヤニヤできるパロディに溢れています。ゲーム好きのカマラ・スクイレルガールとゲームに詳しくないインフェルノアメリカ・チャベスの反応の差が見ていて面白いです。

 

ネットの危険性

 今作のヴィランエミュレーターことエンバーはカマラと同じドリーンのクラスに通う生徒…しかし、彼女はいつも孤独です。引っ越しが多かったため学校に仲のいい友人はおらず、唯一心を許せるのはネット上の本名も顔も知らないどこかの誰かだけでした。エンバーは彼の言葉に唆されるがままにヴィランとしての道を歩んでしまいます。エンバーもまた被害者なのです。エンバーがスーパーパワーを持っているだけで、これは今の現実でも起きうる問題ですよね。ネットリテラシーをテーマに扱っている辺りターゲット層が若者であることがよくわかります。真犯人のチョイスも上手いです。

 唯一エンバーにとって救いだったのは、カマラがいてくれたこと。エンバーのスーパーパワーはテリジェン・ボム由来のインヒューマンとしての能力。カマラと全く同じ境遇であったからこそ、カマラはパワーに対する不安や混乱を理解でき、エンバーに寄り添う事ができました。孤独というのは案外簡単に忘れられるものです。

 

まとめ

 最近の若者をターゲットにしているだけあって、端々から“イマドキ”を感じる一冊になっているだけでなく、意識的に初心者向けに作られていることが感じられる一冊でした。今回解説書をほとんど開かなかったです。それくらい易しい。次巻から登場するクエイク、彼女はアニメ版ではシークレット・ウォーリアーズのリーダーとして立ち上がって終了するのですが、コミックではどうなるのか非常に楽しみなところです!

 

マーベルライジング

マーベルライジング

  • 作者: デビン・グレイソン,ライアン・ノース,G・ウィロー・ウィルソン,マルコ・フェイラ,ジョージ・ドゥアルテ,ロベルト・ディ・サルボ,アイリーン・ストリカルスキー,ラモーン・バッハ,御代しおり
  • 出版社/メーカー: ヴィレッジブックス
  • 発売日: 2019/10/31
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 

 

【アメコミ感想】スパイダーマン:ブランニュー・デイ1

スパイダーマン:ブランニュー・デイ 1 (ShoPro Books)

 

 

あらすじ

『ワン・モア・デイ』事件によってピーター・パーカーの世界は一新された。次々と現れる新たな強敵、非合法のヒーローとして市民からムいけられる敵意・・・・・・しかし、どんな困難が立ちはだかろうと、今日もスパイダーマンは大いなる責任を果たすために立ち向かう!!

 

本書帯より引用

 

概要

 こんちは!Shoindyです!

 シークレット・ウォーズでマーベルユニバース全体の翻訳に一区切りついたこともあり、ずっと買おうと思いつつ中々機会に恵まれなかったスパイダーマンの単独誌「ブランニュー・デイ」を購入することができました。単独誌というと、やはりクロスオーバーには及ばないと考えていたのですが、正直今まで買わなかったことを後悔するくらい面白かったです。スパイダーマン好きは必読でしたね、お恥ずかしいです。

 

物語の背景

 さて、今作の背景にはMCUにもなった一大事件シビル・ウォーが存在しています。コミックスのシビル・ウォーでは、スターク派閥に所属していたスパイダーマンは、登録法に加入する者のアイコンとして、いち早く、かつ大々的に自身の正体を明かしました。しかし、やがてスパイダーマンはスタークのやり方に疑問を感じ始め、キャップ派へと鞍替えします。

 正体を明かしても安全でいられたのは、あくまでスターク派閥に所属し、メイおばさんやMJ共々スタークの保護下に置かれていたからです。結果、ピーターに恨みのあるヴィランの凶弾によりメイおばさんは倒れてしまいます。

 そこで起きたのが『ワン・モア・デイ』事件。メイおばさんを救うためあらゆる手を試し、失敗し続けてきたピーターが最後に行き着いたのは悪魔メフィストの元でした。ピーターはメイおばさんの命+自身の正体と引き換えにMJとの結婚をなかったことにし、かつ生まれてくる未来があった二人の娘の存在を捧げたのでした。こうして独身の今までのスパイダーマン生活に戻ったのが「ブランニュー・デイ」なのです。

 

 

スパイダーマン:ワン・モア・デイ (ShoPro Books)

スパイダーマン:ワン・モア・デイ (ShoPro Books)

 

 

求めていた”スパイダーマン”を感じる事が出来る傑作!

 今作の最大の魅力、それは何といっても”スパイダーマンの物語”であるということです。スパイダーマンの単独誌なんだから当然だろ、という話ではあるのですが、普段クロスオーバーメインで読んでいると忘れてしまいがちな要素だったりします。それに、どうしても難解になりがちなクロスオーバーと違って物語がシンプルであることも魅力であり、改めて「あぁ、アメコミ面白いなぁ」としみじみと感じます。

 さて、ではスパイダーマンの物語とは何を指すのか、具体的に説明していきましょう。

パーカー・ラック

 スパイダーマンといえばやっぱりこれ。不幸のマグネットピーター・パーカーの才能である超不幸体質。クロスオーバーでは点在的に描かれることはなく、デカい一発だったりすることが多いですが(ハウス・オブ・Mの記憶があるなど)、単独誌となると点々と小さな不幸が描かれており。あぁ、これぞスパイダーマンの世界だよなぁ、と感じる事ができます。例えば、メイおばさんの誕生日に暴走車が現れて、そんな時に限って正規のヒーローがいなかったり、そのために蜘蛛糸で隠しておいたバースデーケーキが一時間経たないと剥がれなかったり…正にピーターの物語ですね。

 

日常生活の悩み

 我らが親愛なる隣人が人々に愛された理由ですね。スパイダーマンの一番の魅力はその人間臭さです。ヒーローでありながら、悩み多き青年である事が共感を得て、好かれるのです。ブランニュー・デイで一新された世界ではピーターはメイおばさんと一緒に生活しています。しかしいい加減独り立ちしないといけないと思い悩み、仕事を探すものの雇ってもらえなかったりする共感性の高い悩みがピーターを襲います。

 

初心者にもおススメ!メインストーリーが入り込みやすい!

 さて、そんなスパイダーマンの一新された世界、一新された事も一端を担っており非常に初心者向けの作品となっております。しかし、それだけだは無く、もう一つ、初心者に優しい一面があります。それは、”あのPS4スパイダーマンの元ネタ”という面。

 

【PS4】Marvel's Spider-Man

 

 具体的にはメインストーリーのヴィランがMr.ネガティブである事、メイおばさんがシェルターで働いていること、悪魔の息が登場することなどでしょうか。流石にセーブルはいませんし、コミックスではジャックポッドという正体不明のヒーローが登場しておりますが、それでも非常に入り込みやすいのではないでしょうか。

 

まとめ

 ボリュームも丁度良く、巻数表示もされており、さらには設定が一新されているという正に”誰が読んでも楽しめる”一冊であるブランニュー・デイ。スパイダーマン好きは必読の一冊です!是非一度、手に取ってみてはいかがでしょうか!!

 

 

スパイダーマン:ブランニュー・デイ 1 (ShoPro Books)

スパイダーマン:ブランニュー・デイ 1 (ShoPro Books)

 

 

 

 

【アメコミ感想】シークレット・ウォーズ

シークレット・ウォーズ

 

 

あらすじ

 無限に拡がるマルチバースは、果てしない〈インカージョン〉現象の末、アース-616とアース-1610のわずか二つを残すのみとなった。

 二つの地球が生存を賭けて激突する一方、マルチバースの終焉を招いた〈ビヨンダーズ〉を阻止すべく孤独な戦いを続けてきたDr.ドゥームにも試練の時が迫る。

 マーベルユニバース、アルティメットユニバース、二つの宇宙が終焉を迎えた先に待つ、新たな世界〈バトルワールド〉。この驚異の世界でヒーロー達を待ち受ける運命とは……。

 ジョナサン・ヒックマンが贈る壮大なる叙事詩の最終章にして、マーベル史上屈指のクロスオーバー超大作、ついに登場!

 

本書より引用

 

 

概要

 こんちは!Shoindyです!遂に、遂にここまでやってきました。長きに渡って展開され続けてきたインカージョン現象の行きつく先、その最終地点である「シークレット・ウォーズ」です。前三か月で展開されていた「タイムズ・ランズ・アウト」シリーズの直後からのスタートです。

 前作の展開の詳細はリンクを見ていただきたいと思います。

www.shoindy.com

 

遂に訪れた崩壊。そして…

 さて、前回インカージョン発生の直前で終了しただけあって、今回はインカージョン発生からのスタートです。二つのアースで勃発する戦いは正に総力戦。コロッサスがハルクを投げとばし、サイクロップスは卵になったフェニックスを再び目覚めさせます。しかし、実は今作の主題はそこではありません。この戦いには意味などなく、崩壊は免れません。では、この戦いの主は何なのか?それは両アースのリード・リチャーズが互いに作った”救命艇”にあるのです。

”勝つのではなく、負けないこと”、その為に、アース-616のリードは有能な人物を集め、アース-0616のリード(以降メイカー)はカバルを船に乗せます。しかし、リードの救命艇は破損、子供を含めたF4全員を失います。

 

そして、世界は崩壊を迎えます。

 

 

f:id:shoindy:20190904165854p:plain

Marvel unlimitedより引用

 

そして訪れる、新たな世界「バトルワールド」

 実は、上述した展開はあくまで”プロローグ”です。そう、ここまで引っ張ったインカージョンがプロローグなのです。

 本編はインカージョンの8年後からスタートします。そこには国などなく、大きな大陸を各領主が支配しています。いくつものソーが世界を警備し、壁を隔てた先にはゾンビがはびこります…その世界の名は「バトルワールド」。Dr.ドゥームが”神”であり”皇帝”である世界です。

f:id:shoindy:20190904152044p:plain

Marvel unlimitedより引用

 

インカージョンの直前、ドゥームはあらゆる次元のモレキュールマンを集めて作った爆弾で、全ての元凶「ビヨンダー」を倒して能力を奪いました。そして、その力をもってバラバラになった世界をつなぎ合わせ、一つの世界を作り上げました。ストレンジと共に記憶を捏造し、混乱を防ぎ、新たな神となったのです。また、その際にF4のメンバーも拾っており、ヴァレリア(リードの娘)、フランクリン(息子)、スーザン(妻)はリードの枠(父または夫)をドゥームだったと記憶を改ざんされています。一応混乱を防ぐためとはいえ、個人的な恨みも混ざってそうですよね。そしてシングはゾンビのはびこる世界に作られた壁と混ぜられ、トーチは太陽にされています。だからバトルワールドは太陽が回転している世界。

 

そして、世界は再び戦乱へ

 8年間、世界は実力がモノを言う世界でありながらも、秩序を保っていました。しかし、ソーの一人が”救命艇”を見つけたことで、世界は再び動き始めます。そこから出てきたのは、インカージョンの記憶がある”ヒーロー達”。リードを始めとするヒーローがバトルワールドにやってきたことで、世界を元に戻そうとする動きが動き始めます。もはやカバルであるかどうかや、アースの隔たりすらも超えた勢力と、全てを手にしたドゥームの戦いが幕を開けます。

 ちなみに、救命艇自体は5年後に発見されていたらしいです。ただストレンジは神の作り上げた世界を守るため、開けようとしなかったとのこと(元々開けるのが難解な様子)。なお、救命艇から出てきたのはリード、スパイダーマンキャプテン・マーベル、スターロード(と彼が必死に守り抜いたグルートの小枝)、ブラックパンサーサイクロップス(フェニックス)、ソー(ジェーン)です。一方でメイカーの方にはカバル+間違えて忍び込んだマイルス。

 

 

感想

 正直、シークレット・ウォーズというタイトルや、表紙絵などからももっとインカージョンのバトルがメインと想像していただけあって、バトルワールドでの物語が舞台となっていたのは非常に予想外でした。

 しかし、そんな予想外の状態でありながらも非常に面白く、見ごたえが尋常じゃなかったです。リードvsDr.ドゥームという昔ながらの構図を踏襲しながらも、ドゥームの王としてのカリスマを残し、決してヒーローvsヴィランではないのが素晴らしかったです。SBRのヴァレンタイン大統領的な立場ですね。いや、違うな。正解はドゥームではあるのですが、ドゥームの力をリードが持てればもっと良い方向に導けた、というのが正解ですね。それが面白いんですよ。正義の反対は別の正義ではなく、ほぼ同じ方向っていうのがね。そんなこんなでShoindyは絶賛ドゥームにはまっております。待ち受けもスコッティ・ヤング氏のドゥーム。

 また、シークレット・ウォーズ以降、チャンピオンズなどでマイルス君が世界にいたこともあり、自分の中では混ざり合った世界が残り続けるのだと思ってました。いやー、まさかハンバーガーが原因だったなんて。分かるか。

 

f:id:shoindy:20190904165826p:plain

Marvel unlimitedより引用

 

まとめ

 上述した通り、予想外でありながらも非常に楽しめることが出来た本作、丁度80周年記念で、ファンタスティック・フォーの話題が多かったので、面白さも倍増でした。マベストも今F4なんすよ。もちろん、これで終わりではないので、このままシビル・ウォーⅡなども読める日が来ることが楽しみでしかたがありません。個人的にはチャンピオンズがめっちゃ読みたいんですよね。でもチャンピオンズを出すにはシビルをしてくれないとね。

 

 

 

シークレット・ウォーズ

シークレット・ウォーズ

 

 

 

 

【アメコミ感想】シークレット・インベージョン

シークレット・インベージョン (MARVEL)

 

 

あらすじ

 ニック・フューリー失脚の原因となったシークレット・ウォー、新生アベンジャーズ誕生のきっかけとなった超人専用収容施設ラフトからの集団脱獄、ミュータント人口を激減させたハウス・オブ・M、ヒーロー同士が骨肉の争いを繰り広げたシビル・ウォー、その直後に発生した第二次大戦の生ける伝説キャプテン・アメリカの暗殺事件、そして、死せるエレクトラはスクラルに姿を変えた・・・・・・。

 世界を揺るがせてきた大事件の数々、果たしてそれらの事件に関連はあるのか?あるのならばその黒幕は?その答えが明かさせる時、地球は終焉を迎える・・・・・・。

 「シビル・ウォー」の衝撃が冷めやらぬ中、マーベルユニバースにさらなる激震をもたらした話題作、ついに登場!

 

君は誰を信じる?

 

本書より引用

 

概要

 過去作を紹介するシリーズ、今回ご紹介するのが疑心暗鬼に追い込まれたヒーローを、世界を巧みに描いたクロスオーバー作品「シークレット・インベージョン」です。時間軸としてはシビル・ウォー直後、キャプテン・アメリカが暗殺され、登録法案に賛成しなかったヒーロー達は犯罪者扱いを受けながらも自警団活動をしているというお世辞にも明るいとは言えない情勢の中にあります。

 

脅威は、スクラル

 さて、今回地球を追い詰める存在はスクラル人と呼ばれる存在。そう、「キャプテン・マーベル」で登場した善良な宇宙種族です。

新品 マーベルレジェンド スクラル タロス 映画キャプテン・マーベル 並行輸入品 アベンジャーズ

 MCUではクリー人が悪い種族、スクラル人が良い種族のように描かれていましたが、そもそも、どちらにも”善”や”悪”なんて明確なものは無く、この2種族間はそもそも敵対種族です(詳しくはクリー/スクラル・ウォーで調べてみてください)。MCUにおいてはたまたま”そういう状態”だっただけですね。実際、地球にはクリー人のキャプテン・マーベル(男)がいたことがあったり、クリーとスクラルのハーフのハルクリングがヒーローだったりしますし、現実の戦争や国と同じで、国ではやっかいでも個人では普通です。

 今回はそんなスクラル人がリードの脳をコピーした事で変身能力を強化、アイアンマンのアーマーのセンサーをもってしても判別できなくなる程のクオリティに昇華しているのです。

 

襲い掛かるスクラルの脅威

 賛成派のヒーローがスクラルの遺体を調べている最中(以前の作品のラストでエレクトラの遺体がスクラルに戻ったのを回収したもの)、サベッジランド(南極の中にある原始時代が残る世界)に宇宙船が不時着し、アベンジャーズ(正規)が南極に向かいます。時を同じくして、スパイダーウーマンの密告によりシークレット・アベンジャーズもサベッジランドへ…

 当然のように一触即発になるヒーロー達、戦闘が始まるその瞬間、それは起きます。なんと、宇宙船から…ヒーローが出てきたのです。

f:id:shoindy:20190827151959p:plain

「Marvel Unlimitedより引用」

左側が宇宙船から登場したヒーロー達、よく見ると衣装が古い他(ルークが分かりやすいかもです)、死亡しているはずのキャプテン・アメリカもいます。

 混乱する中、あらそい始めるヒーロー達、次第に、「自分がスクラルなのでは」と思うヒーローすら現れます。

 

 襲い掛かるのはサベッジランドだけではありません、バクスタータワー(F4の家)はネガティブゾーンに閉じ込められ、ヘリキャリアは墜落し、ヒーロー達のありとあらゆるが封じられていくのです。

 

結末は、世界を揺るがす

 しかし、いつまでもやられているわけではありません。リードが強化された変身能力をも暴く手段を見つけ出し、フューリーがシークレット・ウォーリアーズを引き連れて現れ、戦闘は大決戦へもつれ込みます。復活したばかりのソーやジェシカも参戦し、戦闘はかなり大規模に、やがて、ある人物が女王にトドメをさします。それは、ノーマン・オズボーン。かつてのグリーンゴブリンであり、ヴィランで結成されたヒーローチーム「サンダーボルツ」のボスでもあります。

 ノーマンがとどめを刺した事が問題ではなく、問題はそれが世界に中継されていたことでした。これにより英雄はアイアンマンではなく、ノーマンに挿げ替わります。ノーマンがシールドやアベンジャーズなどを指揮権を得るのです。

 

ダーク・アベンジャーズの時代が始まります。

 

まとめ

 シビル・ウォー直後ということで決して明るいばかりの情勢ではないタイミングのクロスオーバーでありながら、ここぞという時に集結するヒーローの姿を見ることが出来るだけでなく、シールドのメンバーの活躍なども楽しめる一作になっています。

 シビル・ウォーの話はほとんどしないのに、キャプテン・アメリカの死だけはヒーローの心に残っているのもクるものがありますよね。

 

 

シークレット・インベージョン (MARVEL)

シークレット・インベージョン (MARVEL)

 

 

 

レゴ(LEGO) スーパー・ヒーローズ  キャプテン・マーベルとスクラルの襲撃 76127
 

 

【アメコミ感想】アベンジャーズ:タイムズ・ランズ・アウトⅢ

アベンジャーズ:タイム・ランズ・アウト III (MARVEL)

 

 

あらすじ

 なおも続く《インカージョン》現象。地球滅亡のカウントダウンが迫る中、アベンジャーズイルミナティ、シールドの三勢力はついに歩み寄りを見せる。

 新たなインカージョンを利用して、暴走するカバルを排除した彼らの前に、8ヵ月もの探査任務からイエロージャケットが帰還する。

 息も絶え絶えの彼が告げたのは、この危機を招いたとされる《アイボリー・キングス》の真の姿だった。全ての元凶は、多元宇宙を超えたワイルドスペースの支配者、ビヨンダーズなのだと。

 全ての謎が明かされる『タイムズ・ランズ・アウト』三部作の最終巻!

本書より引用

 

 

 概要

 お久しぶりです。Shoindyです!ついに「タイムズ・ランズ・アウト」の第三巻が発売され、見事完結。残るは「シークレット・ウォーズ」を待つのみとなりました。第一巻では対立するヒーロー達の現在が描かれ

 

www.shoindy.com

 

第二巻では争いの末に手を取り合ったヒーロー達が描かれました。

 

www.shoindy.com

 

そして第三巻。そこには「タイムズ・ランズ・アウト」だけではなく、アベンジャーズ・ワールドから続くありとあらゆるの伏線が回収される極上のストーリーが待ち受けていました!

 

イエロージャケットが語った真実

MU Infinite 3.75インチ #02 イエロー ジャケット [おもちゃ&ホビー]

 大いなる破壊者”ラブム・アラル”を探していた帰ってきたイエロージャケット(ハンク・ピム)が語った真実は、多元宇宙のさらに外側に存在する”ワイルドスペース”にいるビヨンダーズの存在でした。

 彼らの目的は”実験”としてあらゆる多元宇宙を同時に破壊しようとしており、それこそがインカージョンの正体でした(条件は後述)。そんな3体のビヨンダーズ、どれほどの実力なのかというと、人類を含めた宇宙のあらゆる進化に介入してきた超常的存在であるセレスティアルズをたった1体で蹂躙し(この戦いがあったため、宇宙はあっさり同時消滅させられなかった)、多元宇宙そのものの化身であるリビング・トライビューナルをも殺害しまうほどです。

 圧倒的なまでの相手。正直戦闘になるとかそういう次元を超えている彼らですが、上述したラブム・アラルはそんな彼と戦おうとしていました。

 

ラブム・アラル、その正体

 ヒーローたちが”勝利する事”ではなく、”負けないこと”を指針とし始めたころ、ドクター・ストレンジが遂にラブム・アラルに邂逅します。ブラック・スワン(最初のインカージョンをイルミナティが対処した際に対の相手のユニバースにいた女性、現カバル)たちの指導者であるラブム・アラル。その正体は……なんと「Dr.ドゥーム」でした。

MARVEL(マーベル)DOCTOR DOOM(ドクター ドゥーム)BUST BANK(貯金箱)【並行輸入品】

 作中ずっと何かしらの暗躍を続けていたドゥーム。今作で遂に明かされた彼の行動の始まりは、彼の部下として働いていたモレキュールマンの存在でした。分子を操る能力を持っており、かなり古参のヴィランである彼ですが、ここにきて彼の存在そのものが”ビヨンダーによって作り出された時限爆弾”の役割を担っているという事が明かされました。そもそも、多元宇宙上ではユニバースが異なればそのキャラクターの持っている役割も異なります。馴染みの深いスパイダーマンでいえば、ピーターがスパイダーマンの世界もあれば、グウェンの場合もあるし、マイルスの場合も。同じピーターでも、「スパイダーバース」のようにダメなおっさんになっている場合もあります。そして彼らはそれぞれが別の人物なのです。

スパイダーマン:スパイダーバース (字幕版)

 

しかし、モレキュールマンに関してはそうではありません。彼だけは、どの次元においても単一の意識をもっているのです。そして、彼が死ぬことでインカージョンが発生するというものでした。正に時限爆弾。

 そして、それを知ったDr.ドゥームは、モレキュールマンの指示に従い、別アースの25年前に飛びます。そして、数十億も存在するモレキューマンの殺害を始めるのです。これこそが、インカージョンが順番に発生している理由なのです。

 そしてそれをストレンジに語ったドゥームは、モレキュールマンも含めた三人でビヨンダーに対峙します…

 

遂に動き出すあの男

 そして、ここにきて遂にあの男が動き出します。インカージョンを防ぐため、地球を破壊しようという結論に至ったシーア―を始めとする宇宙の勢力。圧倒的な力を誇示します(それでも、今までの友好を示して2時間の猶予を与えてくれますが)。そんな脅威を前にして、ユニバース内でもトップクラスの天才、リード・リチャーズが口を開きます。

 

 率直に言って、知能では彼に勝てる。ただし私は一つの事しかできない。

 対する彼は、マルチタスクの達人だ。宇宙の破滅という大問題に取り組みながら…別の計画を進めていた。

 圧倒的だよ、彼の能力は

                       リード・リチャーズ

 

その男は、善悪の反転から戻る事が無かった男。その男は、イルミナティにおいても重要な立ち位置を占めていた男。そのヒーローは、今やマーベルの顔となった男。

 

そう…アイアンマンです

 

Superior Iron Man (2014-2015)

 

 ここにきて復活を果たしたアイアンマン。かつて(ニュー・アベンジャーズ:エブリシング・ダイ)建設したソルズ・ハンマー(太陽を囲うように作り上げられたダイソン球、ダイソン球とは恒星を殻のように囲むことで恒星のエネルギーすべてを利用できるという架空の建造物)のエネルギーを以てシーア―帝国艦を一掃するのです。

 

 そして、あの対決が再び

 そして、そんなアイアンマンの前に立ちはだかる男が現れます…スティーブ・ロジャース。彼はかつてアイアンマンが作った補強アーマーに身を包み、再びキャプテン・アメリカとして立ちはだかります。

 何故二人は再び敵対してしまったのか。一つはもちろんイルミナティのこと。今までの記事でも述べたようにスティーブの決して許せない部分。そして、もう一つは、この物語群の始まり(アベンジャーズ・ワールド冒頭)。スタークのアイデアによりアベンジャーズは拡大したものの、実はスタークは既に避けられない悲劇(インカージョン)があることを知っていたこと。スティーブは彼の嘘が許せなかったのです。

 争う2人。2人の背後には、迫りくる最後のインカージョン。アース-1610が…

 

まとめ

 ついに、「タイムズ・ランズ・アウト」が終了し、後は「シークレット・ウォーズ」を待つのみとなりました。今までもかなり面白かった故に、期待も高まるばかりか、今作で伏線のほとんどを回収してくれたので、新鮮な気持ちで見ることもできそうです!果たして、この戦いの行方はっ・・・

 

 

アベンジャーズ:タイム・ランズ・アウト III (MARVEL)

アベンジャーズ:タイム・ランズ・アウト III (MARVEL)

  • 作者: ジョナサン・ヒックマン,ダリボル・タラジック,ステファノ・カセッリ,ケブ・ウォーカー,マイク・デオダード,マイク・メイヒュー,秋友克也
  • 出版社/メーカー: ヴィレッジブックス
  • 発売日: 2019/07/31
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 

SDCC 2017 Exclusive Diamond Select Toys Marvel Gallery: Superior Iron Man PVC Figure

SDCC 2017 Exclusive Diamond Select Toys Marvel Gallery: Superior Iron Man PVC Figure