新米の一歩目

就職をきっかけに本当にやりたいことを見つけた新卒、映画の魅力を人に伝える仕事のために邁進!アメコミ、映画、海外ドラマ、ゲーム、散歩、いろいろ好き。

2つの嵐が、現実を歪めた

www.netflix.com

 

「嵐の中で」(原題 Durante la tormenta) 主演 アドリアーナ・ウガルテ

 

 

あらすじ

 ある嵐の夜のことだった。ベラという女性はひょんなことから25年前に死亡したニコという少年とリンクし、彼に未来を伝えることで死の危機を回避した。しかしその結果、ベラの人生全てが変貌することとなった。

 

概要

 Netflixが贈る本格SF作品である「嵐の中で」。スペイン発の作品であり、かなり上質な作品となっています。片手間に見るような作品ではなく、どっしり腰を据えて見るような作品なので時間がある時に見ることをおススメします。

 主人公のベラを演じたのはアドリアーナ・ウガルテ。「情熱のシーラ」というドラマ作品の主人公シーラを演じた女優です。

 

 

2つの時間軸と1つの殺人事件を見事に融合

 今作ではニコが遭遇した殺人事件と、ベラが巻き込まれたタイム・パラドックスが物語の中心となります。それぞれどんな話なのかを説明しましょう。

 

改変前の世界

 そもそも、ベラが初めにいた時間軸ではニコは死亡した人物となっています。ある夜、叫び声を聞いて向かいの家に入ったニコは家主アンヘルが妻を殺害していた現場に遭遇、彼から逃げようとした矢先、車にはねられて死亡してしまいます。しかし、それがきっかけでアンヘルは逮捕されてしまいます。

 25年後、ベラはニコがかつて住んでいた家に住んでいました。ある日、ベラの夫ダビドがニコのビデオテープを発見。それを機にベラはニコやアンヘルの事件を知る事になります。

 

改変後の世界

 ベラがニコの死亡を避けさせたことで、ベラの人生は大きく変化することになります。バタフライ・エフェクトと呼ばれる事象ですね。

 改変後の世界ではベラはダビドと出会っておらず、結果として愛する娘のグロリアも存在していない世界です。そして、重要なことなのですが、アンヘルは捕まっておらず、完全な証拠隠滅により殺人事件も起きていなかった世界となっています。肝心のニコはベラの存在を忘れることが出来ないばかりか、事件後にアンヘルの邸宅へ侵入してしまいます。

 

 今作の舞台はこの改変後で、死を回避した後のニコのその後のストーリーと、元の世界に戻ろうと奮闘するベラのストーリーが並行して展開されます。どちらも改変後の世界であるため、その全てが伏線となり、見事に交じり合います。

 また、アンヘルが引き起こした殺人事件にも謎の余地が残されており、ニコが目撃したのにも関わらず、なぜ捕まっていないのか、などストーリーに深みを持たせています。

とにかく展開がスゴイ!

 今作では完成度が高いそのストーリー展開が非常に魅力的となっています。改変前の世界でされた会話やアンヘルとの馴れ初めなどがしっかりとストーリーの展開に関わっているだけでなく、アンヘルの殺人事件もしっかりと物語と絡み合っています。

 それだけに、物語の伏線が回収され始めた時は爽快感がすさまじいです。悲しいことに、僕はニコの正体に早々に気づいてしまったので、ニコの正体に関する部分では驚きはありませんでしたが、ニコの立場は完全に予想外でした。正体が分かる演出はかなり上手な描かれ方をしているため、こう、ぞわぞわというか、グワァァっとテンションが上がりますよ!

 このタイプの作品にありがちな事として、盛り上がるのは伏線が回収されるシーンだけだったりしますが、今作でテンションが上がのはそこだけではありません。というか、ダレそうなシーンは結構テンポよく展開されるので、非常にダレにくいです。強いて言えば、改変前のただの日常パートが若干退屈なくらいですかね。それ以外は、ニコとリンクしたシーンの興奮や、アンヘル邸でのニコのステルスチャレンジのドキドキ感など、見どころ盛沢山です。

 

まとめ

 Netflixが贈るSFミステリー作品。2時間としっかりボリュームのある作品ですが見ごたえ十分なので、是非見てください!!

 

 

バタフライ・エフェクト 世界を変える力

バタフライ・エフェクト 世界を変える力

 

 

 

 

彼女は、銀幕の奥からやってきた

今夜、ロマンス劇場で

 

今夜、ロマンス劇場で」主演 綾瀬はるか 坂口健太郎

 

 

あらすじ

 古い映画に登場する姫、美雪。映画の助監督の健司はそんな彼女に恋をし、毎日のように劇場に足を運び続けていた。そんなある日、健司の目の前に現れたのはなんとモノクロの美雪姫だった。動き始めた2人の恋、しかし、美雪には大きな秘密があった。

 

概要

 2018年に公開された映画「今夜、ロマンス劇場で」です。結構洋画の前告知の時間にも予告が流れていた今作、設定が非常に心惹かれるものだった一方、すぐに綾瀬はるかに色が付いていたのをみて「ずっとモノクロの方が良くねぇ?」と勝手に思っていた記憶があります。そしてついにプライム・ビデオで配信されたため、視聴へと至りました。

 今作の主演は綾瀬はるかと坂口健太郎。2人とも有名な俳優なので説明は不要でしょう。漫画っぽいストーリーですが、完全オリジナルの脚本です。まぁ映画が舞台の話ですしね。ちなみに、ストーリーとしては、老人が自分の書いた脚本を看護婦さんに教え、回想に入るものとなっており、映画の中で回想に入った世界で映画を作っている人物が主人公と微妙に面白い感じになっております。

 

 

ニクい演出に感動必至!

 さて、そんな今作ですが、全体的に”かなり丁寧に作られている”という印象を受けるものとなっています。デートの描写や始めての外の世界をシーンなど、かなりたっぷりと時間をかけて作られています。実は今作は、(映画関係者だからなのか)健司は美雪の存在をあっさりと受け入れますし、美雪もまた、自分が映画の登場人物であるという事を理解したうえで現実世界にやってきています。そういったところで時間をあまり使っていないからこそ、2人の絆を深めるシーンにたっぷり時間を割くことができるのでしょうね。あ、ちなみに美雪はあくまで”映画に出てくる美雪姫”であり、作中では他界している”美雪を演じた女優”ではないです。元の作品が「お転婆姫と三獣士」なだけあって、かなり乱暴な性格をしています。口調も男勝りですしね。

 また、ストーリーとしてもかなり丁寧であり、物語の伏線の多さには感激します。しかも、ニクい事に、その伏線を出すのが最後じゃないんですよね。というのも、今作はあくまでラブストーリーですから、メインはあくまで美雪と健司の恋愛なわけで、伏線なんていうのはあくまでエッセンスなんですよね。だからこそ間に出さずに途中で出したのだと思います。予想外だったのは虹のくだりもラストと関係がなかったこと、上手いのは看護師さんの孫の話題ですね。

 そしてそんな丁寧なストーリー展開だからこそ、ラストは本当に感動します。号泣する人が続出というのがかなり伝わってきますね。美雪の設定があるからこそ、心が繋がって、愛し合えていれば全てが美しく輝くのだということがひしひしと伝わってくるのも素晴らしいです。ラストが近づくにつれてセリフがどんどんなくなってくるのも感動を膨らませてくれます。

 

昭和の熱気が伝わってくる

 今作の舞台は昭和の映画製作現場。そこには(僕は体験したことが無い)ような昭和な世界が広がっています。それを見るのが本当に楽しいのです!みんなで笑い、喜びあう声が響く騒がしい映画館や昭和のハンサムガイな俊藤というスタア俳優、しかもそんな俊藤のしゃべり方(マブいとか)など、

「何もないからこそ、あの頃は人間が熱くて輝いてたんだよ」

と時たま聞くアレがすごく伝わる様相となっています。ミスに対してめっちゃ厳しいのもある意味…ですね。

 特に映画館は軽く衝撃ですよね。現代に近づくにつれて、映画は芸術からエンタメの方が強くなっているのに、今ではみんな静かに見ているのが普通ですからね。僕は生まれた時代的にガヤガヤ見る劇場というのは知らない世代ではありますが、今では応援上映なんてのもあるんですから、騒いでいい劇場というのがあってもいいかもしれないですね。あ、でもその場合海賊版が出回りやすくなっちゃうんですかね?便利の裏の不自由さを感じてしまいました。

 

 

まとめ

 感動必至のラブロマンス「今夜、ロマンス劇場で」。予告の色が付いていたのだけで切ったのはもったいなかったなと思ってしまったほど素晴らしい作品でした。まぁ、今作は劇場じゃなくても楽しめる系ですから、プライムビデオを使える皆様、是非お試しください!

 

 

 

欲望の代償

youtu.be

 

「トリプル・フロンティア」(原題 Triple Frontier) 主演 ベン・アフレック

 

 

あらすじ

 トムを始めとした元特殊部隊のチームメンバー5人はある日、かつて彼らが追い続けていた麻薬集団から金を強奪する作戦に乗り出すことを決意する。

 しかし、本当の試練は金を手に入れることではなかった。大金を手にした彼らに訪れる試練とは…

 

概要

 Netflixが贈るアクション映画「トリプル・フロンティア」です。アクションではあるものの、すっきり爽快という訳では無い上、他の作品では到底描かれないであろう部分に焦点をあてた珍しい一作として仕上がっています。

 主演はなんとベン・アフレック。さらに「スターウォーズ」シリーズでポー・ダメロンを演じたオスカー・アイザックも出演しており、以前も申し上げましたが、Netflixが今や一介の動画配信サイトでは無くなっている事を強く実感できるものとなっております。

 

絆?金?あなたはどちらを選ぶ?

 さて、今作の物語は麻薬集団から大金を盗み出すストーリー。元特殊部隊という事もあってその作戦は恐ろしいほどあっさりと成功します。それどころか、金は予想していたよりもはるかに大金で、冷静なチームメンバーが欲望に駆られるほどの額を手にすることになります。

 しかし、上述した通り問題が起きたのはその後…何が起きたのかというと…大金過ぎたのです。大金過ぎたことにより脱出用のヘリの高度が保てなくなったり、内通して協力してくれた女性を乗せるほどの余裕がなくなったりします。その度にチームは金を捨てざるを得なくなっていくのです。

 そう、もうお判りでしょう、今作は「大金を持って帰るストーリー」なのです。そのため、面白いことにチームは麻薬集団の反撃を恐れて逃げているにも関わらず、麻薬集団の権力の強さだったり、残虐さはあまり前に出てきません。

 

 また、この手のストーリーでは珍しいことに、自分勝手な奴がいないのも特徴的な要素。それぞれがそれぞれ、家族を楽にしてあげたいなど目的があるのにも関わらず、そういった人物が出てこないのは、部隊の一員として長年戦い続けてきた過去と、独りよがりは成功しないという長年の経験があったのでしょう。映画では安易に仲間割れさせることが出来る便利な要素なだけあって、それに手を出さないのは好感が持てます。しかし、そんな信頼で結ばれた5人だからこそ、無くなってゆく大金を前に”いつ不和が生まれてしまうのか”という緊張が伴っており、非常に見ごたえがあります。

 

まとめ

 Netflixが贈る”アクションらしくないアクション”映画。今まで描かれる機会の少なかった部分をテーマにしているだけあって非常に新鮮で楽しめます。

今、新たな伝説が飛び立つ

Captain Marvel The Official Movie Special

 

キャプテン・マーベル」(原題 Captain Marvel) 主演 ブリー・ラーソン

 

 

あらすじ

 クリー帝国で兵士として働くバース。ある日、彼女は敵種族であるスクラルにハメられ、記憶を覗かれてしまう。そこにあったのは、自身の知らない地球での記憶だった。自らの失われた記憶を探るべく、彼女は地球に降り立つ……

 

概要

 MCU最新作で、アベンジャーズ結成前の出来事を描いた「キャプテン・マーベル」が遂にやってきました。最新作でありながら、ここから見ても全く問題ない出来上がりに仕上がっているだけでなく、MCUが今まで挑戦してこなかったサスペンス映画として仕上がっております。今作の特徴としては、”MCUというよりコミックに寄った”作品とでも言いましょうか、クリーとスクラルという、MCUでは今まであまり語られなかった種族でありながら、コミックではかなり重要な位置を占める2種族を描きます。

 

クリー、そしてスクラル

 さて、今回物語の重要な位置を占める2種族クリーとスクラル、今作ではいきなりこの2種族の対立から始まるわけですが、よくもまぁここまで誰でもわかりやすく理解しやすいものに落とし込んだな、と感心しかありませんでした。ややこしい設定を出来るだけ排除し、特出した特徴だけを見事まとめあげてくれました。

 

クリー

 さて今回の主軸たるクリーは宇宙の中でも3本の指に入る巨大な帝国を築き上げた種族です。ガーディアンズに登場したロナンなんかがこの種族に当たる他、実はあのインヒューマンズもまた、かつてクリー人によって改造されたネアンデルタール人の末裔だったりします。彼らを導くのはスプリーム・インテリジェンスと呼ばれるAI。今作では見る者によって見た目が変わるという設定でしたが、コミックスではでっかい顔です。

 

 

スクラル

 一方で敵対種族として描かれるのがスクラル人。同じく強大な帝国を築きあげた宇宙種族です。顎にシワがある緑の宇宙種族で、シェイプシフター…見た目を自由に変えることが出来る種族です。コミックスでは「シークレット・インベージョン」というイベントが非常に有名で、ヒーロー達が徐々にスクラルに入れ替わり、誰がスクラルで誰が本物なのか…ヒーロー達を疑惑の渦に落とし込みました。

 

強く、美しく、最高にかっこいい

 さて、そんな種族間の戦いに身を投じている今作の主人公キャロル・ダンバースですが、今までにない雰囲気の強い女性として描かれています。というのも、今作の舞台はアベンジャーズの結成前、男社会の時代です。以前紹介したコミック「キャプテン・マーベル」の時もそうでしたが”女のお前には無理だ”と言われ育った時代において、彼女を自分の意思をはっきりと持ち、何度も立ち上がり、奮闘してきました。それはキャロルが能力を身に着ける前から描かれていますね。

  

若きニック・フューリーとの共闘

 今作で非常に魅力的なのが、キャロルとフューリーの掛け合いです。アベンジャーズの結成者であり、重要な場面で登場していた彼は、今作では以外にもかなりコミカルなキャラクターとして登場します。というか、ほぼずっと今作のヒロインであるグースちゃん(猫)にメロメロです。

 意外なのが、フューリーと異星人の初邂逅が思っていたほどあっさりしていたこと。スクラルを目の当たりにして直ぐに宇宙人の存在を受け入れていました。面白いのが、異星人と地球人が初邂逅したときのお決まりの掛け合い。異星人が専門用語を並べ立てて、地球人が「何言ってんだこいつ?変なものでも食ったか?」とへらへら笑う一連の流れ、ありますよね?今作はその流れの新しい形態を描いており、非常に興味深かったです。さらに、そこからもキャロルが他人に頼る必要のない強い女性であることが分かるようになっており、見事というほかないですね。

 

サスペンス、アクション!とにかく興奮!

 さて、今までなんだかんだと色々言ってきましたが、結局のところ今作もまたMCUの一つです。宇宙を舞台に繰り広げられる派手なアクション、そして初体験のMCUサスペンス、どちらも最高にテンションの上がる一作となっております。

 

 解き放たれた後は最高の一言

 でもやっぱり熱いのはアクション。今作はキャロルは初めからフォトンブラストを撃てる存在でありながら、とある事情で能力に制限がかかっています。しかし、だからこそ、だからこそ!能力が解放された時はめちゃくちゃ強いのです、その爆発力、開放感たるや!僕のマベストの同盟にこんなコメントが上がるくらいです。

 

キャプテンマーベルの強さが圧倒的ですよね、原作もあんなに強いんですか? 

                      同盟内ネタバレの間より

 

 それほどまでに強いのです!爽快感は抜群ですよ!

 

まとめ

 MCU最新作「キャプテン・マーベル」。繋ぎである作品ながら繋ぎっぽさを全く感じない見事な一作として仕上がっていました!今作単品でも十分に楽しめるので、とりあえず観に行くのも全然アリですよ!!

 

 

 

 

 

衝撃!Netflixのサスペンス新作「セレニティー:平穏の海」感想。

youtu.be

 

「セレニティー:平穏の海」(原題 Serenity) 主演 マシュー・マコノヒー

 

 

あらすじ

 カリブ海に浮かぶプリマス島。そこに住むディルは日々巨大マグロを狙って漁に出ていた。そんな時、ディルの元に彼の元妻が現れる。彼女は現夫からDVを受けているため、ディルに夫の殺害を依頼する。果たして、ディルは……。

 

概要

 Netflixが送るサスペンス映画「セレニティー」です。むかつく現夫を殺害するかどうかを巡っての争いが主題かと思ったら物語経過一時間の時点で予想外の展開に移行し始めます。主演はマシュー・マコノヒー、元妻はアン・ハサウェイと最近のNetflixの流行でもある超豪華キャストで送られます。といっても、実は今作、元々アメリカではNetflixオリジナルじゃなかったんですよ。国外の配信からはNetflixが買ったからNetflix作品になったんですよね。

 

インターステラー(吹替版)

インターステラー(吹替版)

 

 

 

まさかの展開に衝撃!

 今作で”主題”に『見せかけて』来るものとして、現夫のフランクを殺害するか否か、というものがあげられます。というのも、実はアン・ハサウェイ演じる元妻カレンは、ディルが従軍中にフランクと一緒になったという、到底同情できない過去があり、ディルも彼女とヨリを戻したいわけでは無いのです。

 では、ディルのモチベーションはどこにあるのかというと…彼の「息子」にあります。噂に聞く限りだと”部屋でこもりっきり”でPCばかり見ている愛する息子もまた、フランクからの暴力を受けているのは明白です。ディルは息子の為に、フランクを殺害するかを迫られるのです。

 

っていう名目です。

そう、今作はあくまで「名目」なんです。だって今作のメインはあくまで「衝撃の真実」ですから。その衝撃を伝えるためにはあらゆる要素を無に帰しても許されるというのが今作の考え方なのです。

 

そこにあるのは、ある想い

 では、「衝撃の真実」を作り上げた黒幕は何を思ってこのシチュエーションを作り上げたのか、そこには一つの愛が隠されています。ディルを思う心が隠されているのです…というか、ごめんなさい、今作は元の世界の設定「フランクを殺害する」がシンプル過ぎるが故に「真実の世界」を丸々隠すと書くことがないです。なので少しだけ踏み込みますね。

 上述した今作の黒幕は彼の息子です。ディルの息子であるパトリックです。パトリックはディルを思う心を通してある壁を乗り越えます。今作のディルの存在意義はそこにあるのです。

 

まとめ

 意外なことに今作はそこまで評価は高くないです。多分なんですけど、サスペンスを期待しているとあんまり楽しめないかもしれないですね。なんというか、ちょっとファンタジーが強いんですよ。真実が明るみになる時のドキドキ感とかしっかり描かれており、嫌いじゃなかったので、普通に楽しめる方もかなり多いと思いますけどね。評価に流されずに見ていただきたいです。

 

 

海底美術館

海底美術館

 

 

【アメコミ感想】キャプテン・マーベル

キャプテン・マーベル (ShoPro Books)

 

 

あらすじ

新たな名前、新たな衣装、新たな使命。マーベル最強の女性ヒーロー、誕生! 

キャロル・ダンバースが新たなキャプテン・マーベルとして帰ってきた!亡き先人の遺志を継ぎ、その名に恥じぬ活躍を見せるために。だが、彼女はキャプテン・マーベルの称号を受け継ぐことに戸惑いを感じていた。そこには、初代キャプテン・マーベルで知られる偉大なるクリー人戦士マー=ベルからその名を奪ってしまう罪悪感や、彼女の進路を決定づけた憧れの女性パイロットで、火災事故で亡くなったヘレン・コブへの未練など様々な思いが入り交じっていた。時空を超えたキャロルは、歴史を改変しかねない波乱に巻き込まれ、若き日のヘレンと対面することになるのだが……。巻末では誕生からミズ・マーベルを経て現在に至る、キャロル・ダンバースの歴史を大紹介!

本書より引用

 

概要

  MCU最新作「キャプテン・マーベル」を目前に控え、遂に発売となりましたコミックス「キャプテン・マーベル」。今作はキャロルがキャプテン・マーベルになる初めのエピソードが収録されています。さらに、巻末にはあらすじにもある通りキャロル・ダンバースその人の歴史を事細かに紹介されておりますので、文字通りキャプテン・マーベルの入門編としてピッタリの物となっております。

 

魅力全開!これがキャプテン・マーベルだっ!

 さて、今作は当然のことながらどこもかしこもキャプテン・マーベルだらけのキャプテン・マーベルな一作としてしあがっています。キャプテン・アメリカスパイダーマンが冒頭に登場しますがそれっきりで、後は完全にキャロルだけの物語として出来上がっているのです。あ、ちょろっとコスチュームじゃないスパイダーウーマンもでますね。ジェシカ久々にみた。

 

タイムトラベルで悩みを解決?

 そんな今作でキャロルが出くわす出来事はタイムトラベル。キャロルがあこがれている女性パイロットヘレン・コブの死後、彼女から彼女の愛機であるT-6を受け継いだキャロルがその飛行機に乗っていたその時、タイムトラベルが発生します。

 タイムトラベル先は第二次世界大戦の最中。そこでキャロルはバンシー部隊や若きヘレン・コブと出会います。チームアップの相手は皆スーパーパワーを持っていない女性達、しかしそれでいて強くたくましい女性たちです。強さでいえばキャロルの方が圧倒的に強いはずなのに、彼女たちもキャロルに負けていないほど頼もしく見えます。

 

成長の一作、敵はヴィランじゃない?

 今作の特徴として、明確なスーパーヴィランというものが登場しないというものが挙げられます。タイムトラベルの原因もヴィランではありません。というか、明確な悪意が存在しません。あくまでバンシー隊やヘレンを助ける一環で、自らの悩みと向き合い、自分の進む道と向き合う物語となっています。

 しかし、スーパーヴィランがいないからといって、しんみりしたつまらない物語かというと、そうではありません。それでもしっかりアクションシーン満載ですし、見ごたえもたっぷりあります。

 

まとめ

映画公開目前ということもあってキャロルの魅力がしっかりとわかる今作。値段も2000円ちょっととかなりお手頃なので、是非ともお試しください!!

 

 

 

キャプテン・マーベル (ShoPro Books)

キャプテン・マーベル (ShoPro Books)

 
【POP! 】『キャプテン・マーベル』キャプテン・マーベル(ジャケット版)

【POP! 】『キャプテン・マーベル』キャプテン・マーベル(ジャケット版)

 

 

【マベスト】ワカンダ人集結!今こそ叫べワカンダ・フォーエバー!!

f:id:shoindy:20190309112851j:plain

画像元「マーベル・ストライク・フォース」

 

こんちは!Shoindyです!

 

さて、本日の更新でマーベル・ストライク・フォース内に新キャラクター「キルモンガー」が追加されました。今回は彼の紹介と、同時に発表されたワカンダ人たちの実装についてお話します。

 

 

登場!キルモンガー!

 

 さて、ワカンダ人の連続実装一発目で登場したのは、ブラックパンサーの宿敵「キルモンガー」

 

f:id:shoindy:20190309150314p:plain

画像元「マーベル・ストライク・フォース」

父親がユリシーズ・クロウに手を貸してしまったことでワカンダにいられなくなったワカンダ人である彼は、そのまま自分たちを追放したブラックパンサーを憎むようになりました。

 

性能

 そんな彼の性能はクリティカルを発生させると追加効果を不随させるというもの。ボーナスアタックや攻撃アップなどですね。クリティカルが出ないと準備完了を取得し、準備完了の数だけクリティカルの発生率が上がるため、クリティカルがかなり出やすいです。しかし、クリティカルが発生したら準備完了を失うので、毎回クリティカルを連発できるわけではないですね。

 パッシブは”防御アップ時一番ダメージを受けている敵に攻撃”、”準備完了1つについき20%のクリティカルチャンス”、”キル時最大体力の10%を回復”、の三つ。防御アップは自分で取得できませんが、盾キャラクターをメインに多くのキャラクターが使える上、彼らのサポートのターンに攻撃が出来るのはかなり強力でしょう。

 

そして集まるワカンダの戦士たち

 さらに今後はブロックをチャージすると表示のある盾役のエムバク、登場詐欺を繰り返していた戦士オコエ、そしてマグニートーに続いての伝説級キャラクターであるシュリが追加される予定となっております。

 まさかの伝説級キャラクターになったシュリ、どこまでのサポート能力を秘めているのか、今から楽しみですね。ワカンダチームの事を”レイドチーム”と表現したこと、キルモンガーにレイド用効果があったことを考えても、彼らはレイド特化なのでしょう。ひとまずは、シュリのゲットを前にランクを上げないといけないキャラクター待ちですね!