新米の一歩目

就職をきっかけに本当にやりたいことを見つけた新卒、映画の魅力を人に伝える仕事のために邁進!アメコミ、映画、海外ドラマ、ゲーム、散歩、いろいろ好き。

絶望はじわじわと、確実に

ヴィジット 消された過去(字幕版)

 「ヴィジット 消された過去」(主演 ESTRANGED) 主演 エイミー・マンソン

 

  それは突然の出来事だった。幸せだった時間、ジャニュアリーは彼氏のカラムとともにバイクのツーリングを楽しんでいた。バイクが暗いトンネルに入った時、事件は起きた。交通事故ー悲劇だった。それによりジャニュアリーは事故以前の記憶を失い、車椅子生活を余儀なくされた。

  ジャニュアリーとカラムはジャニュアリーの実家へ帰る事になった。6年前、ジャニュアリーが家出をした実家は豪邸だった。執事もいる。家族みんなも歓迎してくれた。しかしジャニュアリーには強烈な違和感があった。家族の態度だとか、時々襲いかかるフラッシュバックだとか、好きでも無い豆が好物だったと言い張る家族だとか…自分が家出をした原因も思い出せない、しかし違和感は確実にあった。

  やがてカラムが家から消えた。ちょっとしたことで小競り合いになった翌日だった。両親は帰ってもらったというが連絡を取るとこも許されなかった。そして、その日からジャニュアリーは"家出をする前の生活"を強いられるようになった。

  やがてジャニュアリーは真実を知ることになる、しかし、ジャニュアリーは知る、今までの絶望は序の口だったと。やがて、真の絶望が押し寄せる。

 

 イギリスのサスペンスホラー作品です。記憶喪失のジャニュアリーが6年ぶりに出会った家族の秘密を不気味に描きます。

  この作品の恐ろしさは現実味の強さにあります。呪いだとか、霊だとか、怪物だとかそういった恐ろしさではなく人間の負の感情による恐ろしさという事。ジャニュアリーの家族が心に溜め込み続けていた恨みつらみ憎み、全てがジャニュアリーに降り注ぐのです。

 

  サスペンス作品において"秘密"というのは最大の謎であり、最大の見せ場でもあります。それ故、明かされるのは大抵ラスト直前です。ラスト直前で"秘密"が明らかになり、物語の抱く意味そのものがぐるっと変わったりして視聴者が衝撃を受けます。しかし今作の秘密は2段構え、衝撃は2回に分けられています。

  2回に分けてその間には何が描かれているのか?そこで登場するのが"絶望"ですよ。今まで過保護すぎるほど過保護だったジャニュアリーの家族が狂気的な存在に変わり、ジャニュアリーを襲いかかるのです。襲いかかるといってもそれは命の危機だとか、そういった事ではありません。狂気的な本性を明かした後も、ジャニュアリーの生活は続きます。しかし確実に心を殺しにかかっているのです。いやーまじで怖いっす。1番怖いのは人間とはよく言ったもので、こんな環境に置かれていたら僕も間違いななく壊れるなぁと思ってしまいます。いや、壊れるよ。

  そうして散々壊れた後に2段目の秘密が明かされるのです。これを知ると、なんとも言えない無力感を感じます。これまであるキャラクターに抱いていた感情の整理がつかなくなるのです!当事者のジャニュアリーはそれどころじゃ無いでしょう。しかし、もうここまで壊されてしまったジャニュアリーに止まることは出来ないのです。そんな悲しみの中、物語はクライマックスを迎えるのです。

  上質なサスペンスホラー、面白いです。