新米の一歩目

就職をきっかけに本当にやりたいことを見つけた新卒、映画の魅力を人に伝える仕事のために邁進!アメコミ、映画、海外ドラマ、ゲーム、散歩、いろいろ好き。

思い出のこの家をあなたに

ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります(字幕版)

「ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります」(原題 5 Flights Up) 主演 モーガン・フリーマン

 

   ブルックリンにあるアパート、日当たり良好で素敵な雰囲気、唯一の弱点はエレベーターがないこと。そんな家に40年も住み続けたアレックスとルースの夫妻はある日、家を売りに出すことを決断します。

  しかしいざ家を売り出すための内覧会を開くと2人の周りには様々な事件が巻き起こります。手術が必要になってしまった愛犬ドロシー、近所で発生したテロ事件、想定以下になりそうな販売額…アレックスとルースは事件と向き合って行く中で、家に詰まった思い出を思い起こします。

 

  モーガン・フリーマン主演のヒューマンドラマ「ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります」です。物語はタイトルの通り眺めのいい部屋を売りに出すストーリーです。アパートととはいえ40年も住み続ければその家に愛着が湧くというもの、それが気にいっている家となればなおさらです。

  物語で登場するブルックリンの町並みは非常に美しく、是非訪れたいと感じずにはいられません、これはアレックスが離れたくないと感じても仕方がないですね。

 

僕はアメリカは西側しか訪れたことないので、いつか訪れたいものです。

 

  この物語の見どころは作中に溢れる優しい雰囲気ではないでしょうか。起きる事件は愛犬の手術やテロリストなど一見ハラハラしてしまうようなものですが、アレックスとルースの間に流れる雰囲気が優しいからか、見ているこちらは穏やかな気持ちで見ることができます。それほどまでに2人がいい関係なんですね。ただ、2人の関係や考え方は素晴らしいものである一方、最後の最後だけは2人に共感出来なかったりします。というか登場人物の1人であるリリーがかわいそうすぎる、そら怒るわってなもんです。

  また、最後にアレックスがたどり着いた結論も、結構「?」だったりします。散々行くところまで行っといてその結論ってちょっと身勝手すぎるんじゃないの?と感じずにはいられませんでした。

 

  上記のようなモヤモヤはあるものの、雰囲気としてはベストな映画、無音で流して背景にしたりするとすごくいいかもしれないですね(褒めている…のか?)。