新米の一歩目

就職をきっかけに本当にやりたいことを見つけた新卒、映画の魅力を人に伝える仕事のために邁進!アメコミ、映画、海外ドラマ、ゲーム、散歩、いろいろ好き。

グウェンプール:こっちの世界にオジャマしま〜す 感想

グウェンプール:こっちの世界にオジャマしま~す (MARVEL)

 

私立探偵ハワード・ザ・ダックに奇妙な依頼が舞い込んだ。

怪盗ブラックキャットが、自分から盗みを働いた謎の小娘を捜し出して欲しいというのだ。

イヤイヤながらに捜査に乗り出したハワードは、マーベル史上、稀に見る奇天烈なヒロインと出会う事になる……?銃も格闘技もからっきしのくせに、コミックブックのオタ知識だけは満載の超次元ヒロイン、その名はグウェンプール!

本書あらすじより引用

 

 月末の恒例だったハズのアメコミ感想シリーズ、まぁなんやかんやで遅れに遅れてしまいました。勘弁してくださいね。

 今回紹介するのはマーベル新世代ヒロインシリーズの第2弾グウェンプール。ちなみに第1弾はカマラちゃんです。

  さて、グウェンプール。実は彼女は中々に珍しいキャラクターだったりします。まず、グウェンプールの説明をする前にスパイダーグウェンというキャラクターの存在があります。

f:id:shoindy:20171110193440j:image

                         「Marvel Unlimitedより引用」

2015年に展開されたイベント「スパイダーバース」あらゆる並行世界に属するスパイダーマン達が集合して戦ったこのイベントでは、並行世界毎に特徴的なスパイダーマンが登場し、活躍しました。スパイダーグウェンもその1人で、僕たちが良く知るアース-616では死亡しているグウェン・ステイシーがスパイダーマンになった世界からやってきました。そしてスパイダーグウェンは見事に人気キャラになりました。

  そして、そんな人気をそのまま放っておくマーベルではありません。マーベルはその人気を利用し、ある企画を展開しました。それがグウェンのヴァリアントシリーズ。スパイダーグウェンの単独誌で行われたこのキャンペーンでは、グウェンは色々なヒーローを扮して登場しました。

f:id:shoindy:20171110200133j:image

f:id:shoindy:20171110200228j:image

f:id:shoindy:20171110200435j:image

                       「Marvel Unlimitedより引用」

 そんな中で異常に人気を博したのがグウェンプール。彼女はあまりの人気からコミック化したのです。

   名前から分かる通りデッドプールのグウェンバージョンのキャラクターがグウェンプール。しかしデッドプールとはキャラクター設定が大きく異なります。特筆すべきはグウェンプールの出身地、彼女は現実世界(正確には僕たちの世界と非常に良く似た世界)から来たキャラクターであるということ。なので、彼女にとってマーベルユニバースはコミックスの中の世界、よってやりたい放題好き放題しまくるのです。ちなみに、グウェンプールはアメコミオタクでもあるためマーベルキャラクターの秘密などもめちゃくちゃ知っています。まぁそれが原因でややこしい事になるんですけど…

 

  f:id:shoindy:20171110201800j:image

「彼女の本名、本名本名…ナタリー・ポートマンがやってた…ほらアレ…」

  因みにこの後本名を叫ばれたソー(ジェーン)はブチ切れ。グウェンのユニバースにもナタリー・ポートマンはいるようですね。

                     「Marvel Unlimitedより引用」

 

 ちなみに、表紙を描いているグリヒルは本編でも作画を担当、日本人アーティストでKAWAIIな絵柄がグウェンの魅力を最大限に高めています。

 f:id:shoindy:20171110202411p:image

グリヒルカマラも登場、とってもキュート

                         「Marvel Unlimitedより引用」

 絵柄も可愛くて最近の注目キャラクターグウェンプール!まさに新世代ヒロインな彼女に今後も期待です。

 

 

グウェンプール:こっちの世界にオジャマしま~す (MARVEL)

グウェンプール:こっちの世界にオジャマしま~す (MARVEL)