新米の一歩目

就職をきっかけに本当にやりたいことを見つけた新卒、映画の魅力を人に伝える仕事のために邁進!アメコミ、映画、海外ドラマ、ゲーム、散歩、いろいろ好き。

【アメコミ感想】フラッシュ:邪悪なる閃光(THE NEW 52!)

フラッシュ:邪悪なる閃光(THE NEW 52!) (ShoPro Books THE NEW52!)

 

バリー・アレンは、ようやくスピードフォースの可能性を理解しつつあった。この謎の力はフラッシュと結びつき、時間そのものを前に進めているのだ。しかし、何者かがスピードフォースを、フラッシュとは真逆の方向に進める能力を獲得した。暗黒の鏡像とでも呼ぶべきこの男は、時計の針を戻し、歴史を変えるほどの力を集めつつある。フラッシュはみずからの力を奪いとられる前に、リバース・フラッシュから現在を守ることができるのか?

 

本書紹介文より引用

 

  レア回、DCコミックス感想です。フラッシュしか集めてないですからね。

  僕はフラッシュしか集めていないというほどフラッシュが好きなのですが、好きなだけで正直あまり詳しくはないです。CWのドラマは追いかけてますよ?今S2の途中くらい(激遅)。ですがコミックスに関しては正直全然分かってない状態だったりします。まぁ、何が言いたいかと言いますと、解説とか求めないで。という事でシンプルな感想、いきますよー。

 

 My name is barry a…あ、これ違うわドラマだ。

  今作の主人公は言わずもがなフラッシュ、本名バリー・アレンです。これまでの3冊で死んだことになってたりゴリラに襲われたりと大忙しだったバリーも今作で職場復帰、しかしひと息つく間もなくリバース・フラッシュの脅威に迫られます。リバース・フラッシュっていうと黄色いスーツのフラッシュ、イオバード・ソーンのイメージですがNEW52だからかなのか見た目が全然違っていました。それがこちら

f:id:shoindy:20171210193842j:image

                       「DCコミックス.comより引用」

なんていうか…すごい悪魔的。でもカッコいいですね!このリバース・フラッシュは自らのとある過去を改変するために他のスピードフォースと繋がっている人物を殺してまわっています。それを止めるのが今作のストーリー。以前までのストーリー…というか人物が結構絡んではいますが、リバース・フラッシュ戦はここから始まってここで終わるので非常にすっきりと読めました、これは嬉しいですよね!

 逆に残念な点…というかこれはこの一冊に限ったことじゃないんですけど、解説書がペラッペラなのをどうにかしてほしい!いや、そもそも漫画に解説書があるのはおかしいのは知ってるんですけどね?マーベルの分厚さに慣れすぎているというか…

  でも真剣な話、アメコミの解説書は重要だと思うんですよね、アメコミを親しんで長い人でもわざわざ読んでニヤリとできるという楽しみもあるんですから、もっと頑張ってほしいです!

 

 

 

 

フラッシュ:邪悪なる閃光(THE NEW 52!) (ShoPro Books THE NEW52!)

フラッシュ:邪悪なる閃光(THE NEW 52!) (ShoPro Books THE NEW52!)