新米の一歩目

就職をきっかけに本当にやりたいことを見つけた新卒、映画の魅力を人に伝える仕事のために邁進!アメコミ、映画、海外ドラマ、ゲーム、散歩、いろいろ好き。

新たなサーガ、開幕

スター・ウォーズ/最後のジェダイ (字幕版)

スター・ウォーズ/最後のジェダイ」(原題 STAR WARS: The Last Jedi) 主演デイジー・リドリー

 

 

ネタバレあり

  ファーストオーダーの台頭が始まり、共和国の復活を望む反乱軍は窮地に立たされていた。反乱軍にとっての希望はかつての英雄ルーク・スカイウォーカー。彼の元に会いにいった少女レイは彼からジェダイとしての修行をすることになる。

  しかし一方でファーストオーダーのドレッドノート艦の前に逃げるしかない反乱軍。レイアの昏睡、大胆な行動に出ないホルド提督の作戦に我慢を切らしたポーはフィンや技師ローズと共に帝国艦に忍び込み、追跡装置を切る作戦に乗り出す。はたして、反乱軍の運命は…

 

 

  SWシリーズ最新作、エピソード8。遅ればせながらのレビューです。やっと見れた…ちなみに、今回は徹底的に情報をシャットアウトしての視聴でした。

 

  まず、全体の感想を。

 

7に比べたら全然良い

 

これにつきます。以前述べた通り、7の焼き増しストーリーにガッカリしてしまったため、期待度薄めだった事もあり全然楽しめました。ストーリーは焼き増しからオマージュへ変わり、新たなスター・ウォーズ・サーガを見事に描いていました。そう、タイトルにも書きましたがここからやっとサーガが始まったのです。7はあれだね、登場人物紹介。

 

 さて、どんどんいきますよ、ネタバレありって書いたもんね。

  まず、今作で感動したシーンは何と言ってもヨーダの登場。そう、あのヨーダが登場するのです。しかしそれだけで感動する程軽くはありません。感動したのはヨーダの性格や動きがエピソード5水準である事。そう、1-3のようなヌルヌルしたCGではなく、人形感丸出しでお茶目なジジイなヨーダなのです。これには拘りを感じずにはいられません。一番嬉しく、感動したのはもうここ以外ないですね。ヨーダの動きがいいのはエピソード1-3は昔の話だからという設定を殺さなかった。

  逆に一番微妙だったのはレイアの宇宙遊泳。あれ、どうなの?別に映画内のご都合主義を否定しているわけではないですが、あれはちょっとやりすぎでは…宇宙であんなに活動出来ちゃダメでしょ。

  …と、これらはベスト&ワーストシーン。全体ではどうですかねー。ファーストオーダー強い。今回反乱軍は逃げに徹するしかありませんでしたね。それほどまでに強い。あ、7.8と期待させといてガッカリだったファズマさんは知らないです。最終的に反乱軍はほぼ壊滅状態。ルークも死亡してしまいました。しかしこの圧倒的絶望的な状況、正直9が楽しみでしょうがない。

 

 

  公開前の時点で囁かれていた通り、今作は全体的に暗く、真面目なストーリーでした。カイロ・レンはスノークを殺した事によって新たなポジションを獲得、しかしハックスさんの態度を見る限り9では内部崩壊を起こしそう。7で描かれていた燃え盛る何かの前で呆然とするルークの謎も解けました。過去、ルークは拡大化するベン(レン)の闇を恐れ、闇に染まる前に始末しようとしたとの事、思いとどまりはしたものの、自らの師が自分を殺そうとする姿を見たレンは何名かの候補生とともに(ここ重要)ルークの元を離れてゆきました。まぁぶっちゃけ、光へ戻そうとしたところでアナキンのように失敗するであろう事柄。

  そして上述した反乱軍の最終的な戦力も相当なもの。なんせファルコン号に全員のれてしまう程度の人員…勝ち目よ。

 

  と、そんな暗めなストーリーに隠されているエピソード5のオマージュもまた素敵。もちろんオマージュだと感じただけの可能性もありますがそれはまあ、勘弁な。例えば、石の惑星クレイト、PVで想像してたより後半に登場、しかも切羽詰まりまくりでしたが、まぁホス感。例えば、裏切ったシールド破りのDJさん、ランド感ありますねぇ!例えば、最後まで行われない修行。そういったオマージュを見つけるのも非常に楽しい。7はオマージュなんてレベルじゃないので出来なかった事ですね。

  

  スノークやルークの死亡と共に(特にルークの死亡)新世代ヒーローが導かれる側ではなく自ら行動しなければならなくなる次回作。あぁ、本当に楽しみ。