新米の一歩目

就職をきっかけに本当にやりたいことを見つけた新卒、映画の魅力を人に伝える仕事のために邁進!アメコミ、映画、海外ドラマ、ゲーム、散歩、いろいろ好き。

大切なのは心

グリンチ (吹替版)

グリンチ」(原題 How the grinch stole christmas) 主演 ジム・キャリー

 

  フー達の住む村フーヴィルはクリスマスが大好き。クリスマスにはみんなでたくさんプレゼントを買ってお祝いをします。

  しかしそんなクリスマスや人々が大っ嫌いなのは北の山に住む孤独なグリンチ。彼はなんとかしてクリスマスを台無しにしてやろうと計画を練ります。そんな時にグリンチが出会ったのは町に住む少女シンディ、シンディはグリンチの心の優しさを知り、グリンチを町に迎え入れようと試みます。果たして、グリンチの心は溶けるのでしょうか。

 

 今年最後のハッピーホリデーシリーズはグリンチです。グリンチ…割と有名でその姿や上記のポスター(手のやつ)は見たことがあるものの、作品は初めて見ました。

  まぁ見た目から分かる通りファミリー向け作品な「グリンチ」、クリスマス嫌いのグリンチとシンディの交流を通じて私たち視聴者にクリスマスの精神を伝えてくれます。元々が絵本作品という事でストーリーも分かりやすく、展開もシンプル、そして夢のあるストーリーとファミリー向けのお手本のような作品。そして流石のジム・キャリー、こういうのほんと強い。

 

  全編に渡ってクリスマス一色な本作、なんとなくナイトメア・ビフォア・クリスマスと似た空気を感じます。この中でいい味を出しているのがグリンチの愛犬マックス。特にトナカイの仮装をしたマックスが最高に可愛い。

  マヌケ面!まさかの一本角&とぼけ顔!かわいい!可愛すぎるよ!このアホっぽさが最高です。実家の犬にもやりたい。

 

そういえば今年はラブロマンス系のクリスマス映画ばっかりだったなと思い見た今作ですが、有名作なだけあって面白さは折り紙つきでした。それでは皆さん、良いクリスマスを〜

   

 

グリンチ [Blu-ray]

グリンチ [Blu-ray]