新米の一歩目

就職をきっかけに本当にやりたいことを見つけた新卒、映画の魅力を人に伝える仕事のために邁進!アメコミ、映画、海外ドラマ、ゲーム、散歩、いろいろ好き。

私立探偵ダーク・ジェントリー シーズン2 第9話感想

youtu.be

 

第9話「それは大変」

 

  ダークらの前に立ちはだかったスージー。しかしサイラスの家臣ワイガーの決死の防衛により、皆なんとか逃げる事に成功する。ワイガーはやられる直前、トロスト家が迫っている事を伝えてくれた。全てを解決しなければ。

 

  一方ブラックウィング内部も緊張に包まれていた。ターゲットは奇妙な人形…の姿をしたモナだ。しかしフリードキンの部屋には既に人形は無く、フリードキンはパニックになる。とっさにケンに銃を向けるフリードキン。フリードキンはケンこそがモナだと思ったようだ。しかしケンはモナではなかった。モナは無機物になるのが好きなのだ。ケンはフリードキンの異常に気づく、銃を向けているハズのフリードキンのホルスターに…銃が入っている。

  突如、フリードキンの手の銃は鎖に姿を変え、フリードキンの首を絞めた。そんなモナにケンは優しく言葉をかける。すると鎖は…少女に変体した。

 

  目覚めたティナとファラ、2人は捕まった訳ではなかった、気絶させられていただけだ…何故か激しい痛みはあるが。採石場には操られているホブスもいる、作戦を練らなければ。

  2人は奇襲を仕掛けるにもあっさりと見抜かれた…というか見抜かれていた。メイジの魔法により思うがままの2人。それどころかホブスに命じ、3人で撃たせ合う。なんとかマガジンを抜いたファラは狙ってくるティナの腕を取り、銃弾を逸らした。弾丸が爆薬の詰まった車に命中する。ウェンディムーアへの道を閉ざそうと、メイジがホブスを使って車に詰めさせていたものだ。大爆発が起き、ホブスの洗脳が解ける。

 

 

  現実世界のカルディナス邸では、プリーストが何者かの姿を捉えて司令部に連絡していた。プリーストは連絡に応答したケンに質問する「プロジェクト・マルザナから生き延びたのは君だね…君の専門知識を貸してくれ」

プリーストの目線にはバートとパントがいた。

  チェーンソーを持ち警戒するバート。プリーストが話しかける。プリーストはバートにケンが映っているタブレットを見せる。やっとの再開に喜ぶバート。すぐにケンを助けようとするが、ケンはそれを断ったばかりか、ブラックウィングに戻ってくるように言ってくる。

  悩むバート、ケンは友達だがパントも友達だ…バートは悩んだ末、パントと共にウェンディムーアへ行く事を選んだ。ケンは大切だけど、ブラック・ウィングには戻らない。

  必死に止めようとするプリースト、部下のひとりが手を出してしまい、パントの兵の乱闘になる。バートが参加してしまえばその能力故全滅は免れない。緊張が走る。パントは隙を突いてプリーストの額を突き、その隙にカルディナス邸へ向かう。

 

 少年を連れ戻すため、井戸(水)を目指す一行。道中トッドに発作が起きてしまう。アマンダはそんなトッドにかつて自分がワクティから受けた教えを説く、やがて、トッドが錯覚痛幻覚症で作り出していた有刺鉄線は、現実のものとなった。アマンダがナイフを具現化したように。

 

   ケンはモナから話を聞き出していた。モナが言うには、"彼女"(ワクティ)がモナに助けを求めたそうだ。モナの目を通せば、ダークを逃し、少年を探させられる。だからワクティはモナにダークの部屋まで行ってもらったそうだ。

 

  ついにウェンディムーア入りしたバートとパント。偶然にもすぐに、戦争を止めようと奔走するサイラスに出会うことができた。

 

  スージーもまた、ダークらを通して少年の正体に気がついていた。スージーはかつてワクティが使っていた井戸を通して、ケラムの騎士を現実世界に送る。モロック計画を消すのだ。

  ケンはすぐに異常に気がついた。ケラムの目的がモロックである事にも。どんどんと進軍してくるケラムの騎士…

 

  パントとサイラスが辿り着いた頃にはパントの父とサイラスの母が息絶え絶えだった。そこにはいくつもの民の亡骸が転がっており、残っているのはその2人だけだった。サイラスはパントを愛している事を伝え、共に手を取りあおうと説得する。しかしそこにケラムの騎士が現れ、パントとサイラスを銃弾で撃ち抜いた。もう、バートしか残っていなかった。
殺しを封印していたバートはパントの遺体を前に悲しみに暮れ、そして立ち上がった。ケラムの騎士の元まで歩いて行く。ケラムの騎士の放つ銃弾はかすりもしない。チェーンソーを手にしたバートの目は、怒りに満ちていた。

ダークらが辿り着いたのはカルディナス邸からやってきた遺跡だった。ここには井戸がある。アマンダが井戸に手を浸し、井戸に道を作る。しかしアマンダひとりの力では、人を送る事しか出来ない。しかも後ろからはスージーの声が聞こえてきている。
全てを終わらせるには、皆の力が不可欠だった。トッドはアマンダを手伝い道を作る。吸血鬼たちがスージーを足止めする。ブラックウィングに行くために残ったのは、ダークだけだった。

 

 

  謎は解け、後は決戦なので謎まとめは今回はありません。謎じゃないですし。

  最終決戦に向けてどんどんと進んできた第9話、トッドがアマンダと同じ能力を使えるようになったのはちょっとご都合が過ぎる気がしましたがそれ以外は概ね満足ですね。バートがキレてるシーンは熱い。バートとケンの関係のこれからが非常に気になるところですねー。メイジもアレで死んだとは思えないので次回なんらかの動きがあるでしょう!