新米の一歩目

就職をきっかけに本当にやりたいことを見つけた新卒、映画の魅力を人に伝える仕事のために邁進!アメコミ、映画、海外ドラマ、ゲーム、散歩、いろいろ好き。

13の理由 シーズン2 第4話

youtu.be

 

2-4「2枚目の写真」

 

  クレイの部屋にシェリがやってきた。ジャスティンの服からヘロインを見つけたクレイが彼に助けを求めた結果、トニーが寄越したのだ。トニーは保護観察中で直接は関われない。シュリはヘロインを渇望するジャスティンに厳しい態度をとり、中毒を抜こうとクレイの部屋に残る。

  クレイはジェシカにジャスティンを保護している事を伝えるが、ジェシカはジャスティンに会いたがらない。

 

  ハンナを応援する声が強くなってゆく。今回はマーカスの証言だ。

 「学校に味方がいないのは孤独で恐ろしい。だからハンナを誘いました。」

 相性テストの時の話だ。そして話はレストランの話へ。

  「手を握ろうとしたら叫ばれた」

  実際はスカートの中に手を入れようとしたのだが。

  さらにマーカスはハンナの悪口を捻じ曲げて広げてしまった。

  マーカスの言い訳は"ハンナが他の男に興味を持っていて、その男と繋がるために自分を利用した、だからイラついた"というものだった。ではその男は…マーカスは話す

"ブライス・ウォーカー"

  マーカスは話す。ブライスに近づくために誘われたと、性的なことまでされたと。

  

  ジェシカはザックとアレックスに学校を出るよう誘う…正確にはアレックスとザックの車だが。ザックはサボるわけにいかず、結局はアレックスと2人でベイカー夫人の元へ訪れる。

2人はベイカー夫人に思い出せないことや、法廷で逃げてしまったことを謝罪する。

 

  証言翌日、ブライスはザックがいる前でマーカスに問いただす。

「なぜ俺の名前を出した?」

しかしこれはマーカスの作戦だった。この証言でハンナがブライスに惹かれていたという印象を与えられれば、ハンナの行動が"ブライスにフラれた腹いせ"と捉えられ、信憑性が失われると。

 

  クレイはアレックスにテープを再び聞かせようとしていた。アレックスは聞きたがっていたが、本当は聞かせたくなかった。記憶を失ったのに、またあれを聞かせるのか?ハンナの幻覚は反対している。でもジェシカは証言しない中で、クレイのロッカーに再び写真が入れられていたのだ。今度はしっかりとブライスの顔が映っていた、被害者の顔は分からないが、レイプされている。

  ハンナの幻影は被害者を探すようにいうが、クレイはテープのデータをアレックスに送った…

 

 

 「13の理由」第4話でした。マーカスの証言はやはり保守的で、保身に走った結果学校には有利なものでした。

  そしてアレックスはついにテープを再び聞くことに。これがどのように影響してゆくのでしょうか。

  一方今回登場したシュリは何番目かのテープに登場した少女、あ、シェリか。シュリはバッテンの人ですね。ハンナをパーティから送る時に余所見運転をし、道路標識を破壊。ハンナの意見を無視して通報しなかった結果、ジェフという生徒が交通事故で亡くなりました。

 

  まだまだストーリーは序盤、この後も目が離せません。