新米の一歩目

就職をきっかけに本当にやりたいことを見つけた新卒、映画の魅力を人に伝える仕事のために邁進!アメコミ、映画、海外ドラマ、ゲーム、散歩、いろいろ好き。

13の理由 シーズン2 第12話感想

youtu.be

 

2-12「写真が入った箱」

 

  小さな、薄汚れた少年がイジメられている。それを止めたのはひとりの優しい少年だった。少年は唯一薄汚れた少年と対等に接してくれた。イジメられていた少年の名はジャスティン、手を差し伸べたのは…ブライスだ。

 

  その2人は現在ブライス邸の前にいた。ジャスティンは必死にクレイを落ち着かせ、ブライスには見たことを忘れるよう言いつける。

 

  クレイがジャスティンと家へ帰ると、母親が戻ってきていた。ジェンセン家(クレイの一家)は無事和解する。クレイの母は、証言者になるジャスティンのために一対一である話を伝える。

 

 「どういうつもりだ!?」

  サイラスがタイラーに詰め寄っている。もちろんSNSの件だ。タイラーは全く動じない。しかし、"社会はクソだ"という2人の意見には大きな差があった。サイラスは、タイラーほど本気じゃなかったのだ。サイラスはほとぼりが冷めるまで完全別行動をしようと提案する。

  その後、タイラーと両親は校長に呼び出された。もちろんサイラスもだ。サイラスは自身の罪を認め、行ったことを積極的に話したため停学処分だったが、サイラスにはそれがなかったため、更生プログラムへと送られる事になった。

 

  ジャスティンの証言が始まった。もちろん、一番初めの夜…写真が流出した時のことだ。

  あの夜、ジャスティンはハンナを本当に大切に感じた。ハンナと別れた後、家へ帰ると母親と彼氏のヤクの売人が喧嘩していたため、ハンナの家で一夜を明かしたが、手を出しはしなかった。 浮かれている時に、ブライスに出会った。ブライスは相手が誰なのか執拗に聞いてきた。話すしかなった。ハンナとの写真を見せると、ブライスは写真をSNSで拡散した。

  学校側はジャスティンの信頼を失わせようと、麻薬や酔っていたことを追求した。いつもの手口、証言者にまともに話させず畳み掛けた。

 

  ついにベイカー側、学校側で陪審員に意見を述べる時がきた。

  ベイカー側は、ハンナが複雑な子であったがそれでも、起きた事はシンプルで"助けを求めた生徒を学校が助けなかった"と主張した。

  学校側は"親は学校へ連絡せず、ハンナ自身も精神病の遺伝を持ち自尊心が低かった"と主張した。親の責任だとしたのだ。

 

  野球部のスコットが、ある廃れた高架下へやってきていた。そこにはひとりの生徒がいた。彼はハンナがレイプされた当時、アレックスと部屋にいた男モンティだ。彼が、彼こそが写真を盗んだ犯人だった。家庭内でトラブルがあり、一時的に家出しているらしい。彼の周りにクレイ、アレックス、ザック、トニー、ジャスティン…皆が集まる。今まで行われていた数々の嫌がらせ、クレイを車で追いかけ、アレックスに手紙や銃を送り、ザックの妹を使って脅し、トニーの車を破壊してきたのは彼だった。

  「写真を渡せば全てを忘れてやる」

 少年たちは、モンティに取引を持ちかけた。

 

  一方、ポーターは校長から解雇を言い渡されていた。しかしポーターは全く気にしていないようだ。そればかりか、問題を抱えている生徒のリストなどを校長に渡し、"学校をより良くしてくれ"と言い残した。

 

  モンティが隠した写真を回収するため、アレックスとモンティは隠し場所へと向かっていた。しかしモンティは嘘をついた。アレックスが突きつけていた銃を奪い、去ってしまった。

 

  写真なき今、最後の希望はジェシカだけだった。怖いだろう、辛いだろう。でも、ジェシカしかもう残されていなかった。ジェシカの元にクレイらが集まる。いつもいる連中だけでなく、コートニーやザックもいた。ジェシカは独りじゃないのだ。皆がついているのだ。

 

 

  結果が近づいていた。それぞれがそれぞれの時間を過ごして結果を待っていた。

  やがて、その時がやってきた。裁判長と陪審員が入ってくる。

  

  「被告側に責任はなし」

 

  それが結果だった。つまり、負けたのだ。

失望の色が広がった。裁判所の外ではマスコミが待っていた。ベイカー夫人は思いを述べた。

 

  と、その時。群衆の中に警官が入ってきた。警官が言葉を発する。

ブライス・ウォーカー。婦女暴行の容疑で逮捕する」

ジェシカの訴えが効果を発動したのだ。しかしそれには悲しい余波も待っていた。

ジャスティン・フォーリー、婦女暴行の共犯の容疑で逮捕する」

 

  ジャスティンはこのことを知っているようだった。これが、これこそがクレイの母がジャスティンと練った計画だった。ジャスティンは承知していたのだ。そしてクレイの母はジャスティンの弁護をすることを約束していたのだった。

 

  ついに、ついに決着の時を迎えました。試合に負けて勝負に勝った感じでしょうか。

  気になるのは次回の展開。ジャスティン救済を描くのはシーズン3な気がしますねぇ。モンティ関係もそこなんじゃないかなぁ。今更犯人モンティでしたって微妙ですしね。なんとなく次回はブライスパパがまたなんかしてきそうですがどうでしょう、それも3かなぁ?