新米の一歩目

就職をきっかけに本当にやりたいことを見つけた新卒、映画の魅力を人に伝える仕事のために邁進!アメコミ、映画、海外ドラマ、ゲーム、散歩、いろいろ好き。

Netflixオリジナルマーベルドラマ ルーク・ケイジ シーズン2 第1話感想

youtu.be

ルーク・ケイジ」(原題 LUKE CAGE) 主演 マイク・コルター

 

2-1「ソウル・ブラザー No1」

 

  ルーク・ケイジ…街のヒーロー。ハーレムではそんな彼の名を冠した麻薬が製造されていた。その名を持つ男は製造拠点を破壊するが、ボスを突き止めない限り無意味だろう。しかしそれでも、彼は今日も街を守るのだ。

  ルークはすっかり愛されるようになっていた。ポップの店はyoutuberなどが押しかけ、ルークの目撃情報を集めるアプリまで出ている。彼の人気でポップの店の家賃は倍に増え、だんだんと苦しくなってきている。クレアも、ポップの店のボビーもヒーロー活動で金を稼げと言うが、ルークにその気はない。

 

  ミスティはクレアとリハビリに挑んでいた。まだ腕のない生活に慣れない。ルークが麻薬捜査の手伝いを頼んだが、ミスティは乗ってくれなかった。「役に立てない」と。

 

  街には再び影が落ち始めていた。シェイズが、マライアが帰ってきているー。すっかり恋人になった2人はまた暗躍を始めそうだ。

 

  ルークが夜の街をパトロールしていると、神父の男…父親に出会った。彼はルークと話し合いの場を設けたいと望み、ルークを呼ぼうとしていたが、ルークは無視しているらしい。

「お袋を蘇らせてくれれば、話し合いに応じよう」

  ルークは言い捨て、その場を後にする。

 

  ハーレムの外、男がハーレムを見つめ、いつか攻め入ろうと画策している。まずはブルックリンだそうだ。

 

  エル・テルセロ…それがルーク・ケイジ・ヘロインのボスの名前だ。しかしハーレムでは聞いたことがない。しかしボビーらの助けを経て、アルトゥーロ・ゴメス三世という男がエルの正体だと見抜く。ワシントンハイツで家具店を経営しており、毎日テレビで見る男だ。そんな男は今、マライア経営のクラブにいる。

  マライアはそんなアルトゥーロや銃の密売で儲けているヤーディーズのナイジェル、コックローチと呼ばれるガラの悪い男といった大物の客を自室に呼び取引関係を結ぼうとする。

  そこに、ルークがやってきた。マライアが直々に対立する。しかしマライアの方が上手だった。クラブにクレアを連れてきていたのだ。ルークは何もできず退散する。

  クレアはルークを助けようと、アプリで居場所を探し、勝手に来ていたのだ。クレアは力になりたいのだ。

 

  翌朝、ドライバー業を始めたシュガーから電話がかかって来た。アルトゥーロを乗せたらしい。アルトゥーロは酔って積荷について喋ったらしい。

  しかし、それはシュガーの罠だった。何者かから頼まれて嘘の情報を流したのだ。

 

  シュガーから言われたトラックを調べるルーク。それをアルトゥーロが見ている。ルークがトラックに入った瞬間…アルトゥーロはトラックを爆破した。

  それでもルークは傷つかない。次にアルトゥーロが取り出したのはチタウリから作られた弾丸"ユダ"の入った銃だ。ヤバい…ルークの体をユダが貫く…しかし、ルークは無傷だった。ルークも理由はわからないが、アルトゥーロは捕まえた。

  

  ナイジェルの元にブッシュマスターと名乗る男が現れた。ハーレムを外から見ていた男だ。ナイジェルの知り合いらしい。ブッシュマスターは瞬く間にナイジェルを殺害した。部下が銃を撃つが、弾丸は彼の体を貫かない…防弾だ…

 

  

  さあ、ついに始まりましたルーク・ケイジ シーズン2。今回の強敵はブッシュマスター、なんとルークと同じ防弾です。ルークと違うのは弾を弾くのではなく、耐えているというところでしょうかね、しっかりめり込んでいました。しかし、ルークより素早く、軽やかにナイジェルを殺害するところを見るにかなりの強敵の予感…

  ちなみに、予想通りですがIWはまだ到来していないです。ピーターの噂とかも出てないなぁ。ハーレムはルークの話題で持ちきりなようです。

  ちょっと書きどころが見つからず謎だったのは"スカーフ"が原因で犯罪者が30名も釈放されたという話題。最初はジェシカの事かと思ったのですが、どうなんでしょうね。(追記 いぬ様よりコメントを頂き、答えを教えていただきました。スカーフとはS1で登場したミスティの相棒で、コットンマウスのスパイだった男のことだったみたいです)