新米の一歩目

就職をきっかけに本当にやりたいことを見つけた新卒、映画の魅力を人に伝える仕事のために邁進!アメコミ、映画、海外ドラマ、ゲーム、散歩、いろいろ好き。

アイアン・フィスト シーズン2 第3話感想

youtu.be

 

2-3「危うい秘密」

 

  ダニーはイラついていた。説得はずしたはずのヤンが動いねくれないのだ。こうなっては…武力で抑止力になるしかないのだろうか。

  コリーンはそんな考え方になっているダニーに危うさを感じていた。最近は帰ってこないことも多い。あの時、マット…ヘルズキッチンの悪魔に想いを託されて以降、頻繁に起きている。また、もう一つ、思い当たるのはアイアン・フィストとしての目的の喪失だ。守るべきクン・ルンは消え、倒すべきヤミノテも消えた。今やアイアン・フィストの目的は消滅している。

 

   その日、ウォードがダニーの元に訪ねて来た。ウォードは最近自分が通っている自助グループの存在をジョイが知っていた事が引っかかっていた。誰か、その事を漏らした奴がグループにいて、ジョイと結託するのではないかと。

  話の流れで、ウォードはジョイのビジネスパートナーに会った事を話してくれた

「デイヴォスだっけな…」

ダニーはその言葉を聞いて固まる…ダヴォスがジョイと結託しているだと…?

  ウォードの発案で、仲直りと探りを入れるために食事会を行う事にする。コリーンには電話でなんとか許可を貰った。

 

  そんなコリーンは再びチョイの店にいた。周りも探ってみると、裏口への入り口を見つけた。裏口から入り、部屋の中を探していると、後ろからBBが現れた。どうやら付けて来たらしい。  と、部屋の椅子の下からなにやら怪しげな帳簿を見つけた。

   帳簿は中国語で読めなかったが、BBから予想外の収穫を得た。どうやらチョイは何か大きな…警察でも知らない情報を密告したらしい。借金は返していたようだ。

 

  夕食の誘いを受けたジョイとダヴォス。2人はウォードが噛んでいる事をあっさり見抜き、ランド社を抜ける時に貰った特許の詳細を見抜かれないためにも良き友人を演じようと打ち合わせる。

 

  ダニーが部屋で料理の準備をしていると、玄関のドアの下から封筒が差し込まれた。何だろうと外を確認すると、逃げ去るメアリーが見えた。何とか追いつくが、言っていることは支離滅裂だ。

「何か困っているの?」

 そう尋ねると、頷き、こう言った。

「あなた、見張られているわよ…"ウォーカー"っていう奴に」

 メアリーの封筒には、ダニーとコリーンの写真…前回ラストでメアリーの机に散乱していた写真が入っていた。

 

  色々な不安が残る中、食事会が始まった。何故か電話に出ないウォードが来ることは秘密のようで、ジョイとダヴォスがまず来る。

  正直、気まずい空気が流れまくっているが、ぎくしゃくしながら如何にも普通の会話を繰り広げる。本当かは別としてジョイとダヴォスが出会った話などだ。

  しかし、やがてコリーンが爆発した。ダヴォスがコリーンの空手道場の廃業を"逃げた"と評したところが始まりだった。

「逃げずに、腹を割って話すためなのに、本音を隠してバカみたい」

  そう言って、腹の内を聴き始めた。

「ダニーはアイアン・フィストの座を公式に受け取ったと言っているけど、どう思っているの?」

ダヴォスは答えてくれなかった。今ではないと、席を立ってしまった。

  しかし、ジョイは心の内を教えてくれた。ダニーに直接怒っているわけでは無いが、ダニーが来てから全て狂い始めたと。父が生きていた事など、あらゆる偽りに囲まれていたと。そしてダニーを見るとそれを思い出してしまうと。そのタイミングで、ダヴォスが帰ろうと言い出した。どうやら"ウォーカー"の写真を見たことがきっかけのようだ。

  立ち去ろうとするジョイ。ダニーはウォードが来る事をばらし、何とか引き止めようとする。しかしそれは火に油を入れる行為だった。また嘘を重ねたと。また私の見えないところで手を組んだと。ジョイは怒りを露わにして去ってしまった。

  外に出たジョイにダヴォスはある報告をしていた。

「部屋に君が雇った探偵が撮った写真があったぞ、その探偵、怪しく無いか?」

 2人は"ウォーカー"の元へ向かう。

 

  2人が去って間も無く、コリーンの元に電話がかかって来た。ヤン夫人だ。今から来るようにとの事で、コリーンと向かう。

  ヤン夫人曰く、今からタイガースと交渉するとの事だった。ヤンは急用で香港に帰っているため本当は延期したかったが、抗争が激化している今、自分が代わりに出るらしい。ヤン夫人は武器として2人について来るように命じた。

  ヤン夫人とタイガースの代表が埠頭の権利と利益の交渉をしている。ダニーが周囲を警戒していると、外に誰かいることに気づいた。何かおかしい…罠か?

  すぐにヤン夫人にその事を伝え、交渉を中断させる。少しの間争いがあり、ダニーが気づくと、周囲にはタイガースの影はなかった。

 

  ジョイとダヴォスがメアリーの元に着く。何故ダニーがあの写真を持っているのか、ダヴォスが脅して聞き出そうとするも、メアリーは華麗な身のこなしでダヴォスに刃を突き立てる。 

 

 

 

  写真の持ち主…というか撮った"ウォーカー"は別に別キャラでも何でもなくメアリーの事でした。メアリー・ウォーカーって事なのか、ウォーカーはヒーロー名なのかは不明ですが、パッツィとは関係…無いよね?

  謎なのはそのメアリーの家に貼られた付箋ですよね、誰が張ったのでしょうか。