新米の一歩目

就職をきっかけに本当にやりたいことを見つけた新卒、映画の魅力を人に伝える仕事のために邁進!アメコミ、映画、海外ドラマ、ゲーム、散歩、いろいろ好き。

2になってもWhere are you !!

スクービー・ドゥー2 モンスタ?パニック (字幕版)

 

スクービー・ドゥー2 モンスター・パニック」(原題 SCOOBY-DOO2 MONSTERS UNLEASHED) 主演 マシュー・リラード

 

 シャギー、フレッド、ダフネ、ヴェルマ、そして犬のスクービーからなるミステリー探偵社は街の顔として、街のヒーローとして人々から信頼されていた。その信頼度は高く、なんとミステリー社が暴いてきたゴーストの衣装の博物館が建てられるほどだった。

 しかし、そんな博物館のお披露目の日、謎の仮面男が襲い掛かり、ただの衣装であるはずのプテラ・ゴーストが本当にゴーストになって襲い掛かってきたのだ。抵抗空しく仮面の男は過去のゴースト達のコスチュームを持って帰ってしまう。この失態に街の人々は激怒し、ミステリー社への信頼は地に堕ちてしまった。

 盗まれた衣装のゴーストが本物のゴーストとして目覚める中、事件の究明を急ぐメンバー。そんな中、足を引っ張ていることを自覚してしまい、ヒーローを目指そうとするシャギーとスクービーの姿が…

 

 ファミリー向けコメディ映画「スクービー・ドゥ」の2作目です。前回の仲違いを経た探偵社、今回は仲間の絆がより深まる展開…信頼の墜落でした。しかし、そんな中でシャギーとスクービーは”立派な探偵になる”ってことしか頭にないのが面白いですよね。あの2人の口から

「信頼を取り戻そう」

的な発言は皆無でしたね。まぁ、だからこそ面白いというか…全く落ち込まないキャラクターがいる=暗くなりようが無いのは強いです。2作目かどうか関係なく”シャギーとスクービー”の時点でそのキャラクター性に違和感が無いのも強いです。

 そしてこの2人の繰り広げるコントさながらの掛け合いこそが最大の魅力でもあります。一番笑ったのはモンスター研究所で謎の薬品を飲みまくるシーン。シャギーが女になってしまうところは思わず吹きだしてしまいました。しかもこのシーンでは”あの”有名キャラクターがゲストとして登場。想像もしていなかったのでびっくりしてしまいました。

f:id:shoindy:20181010152311p:plain

 後は窓を過ぎる度にシャギーとスクービーの配置が変わるシーンとかね。あれは正に当時のアニメさながらのノスタルジックかつ定番の笑いで懐かしくも暖かいコメディでなんだかうれしくなりました。

 また、ストーリーとしてもしっかり作られており、前作同様に簡単にはわからせねぇぞと犯人を巧みに隠しています。普通にあのキャラクターだと思っていたら見事に騙されました。

 ちなみに、実は最近ハロウィン特集を軽く意識しておりまして、その関係でホラー色をちょこっと強めにした映画を見ております。ですが、正直ここ最近見た中ではこの作品が一番ハロウィンっぽいです。なんならサブタイトルが「モンスターパニック」ですしね。