新米の一歩目

就職をきっかけに本当にやりたいことを見つけた新卒、映画の魅力を人に伝える仕事のために邁進!アメコミ、映画、海外ドラマ、ゲーム、散歩、いろいろ好き。

Netflixオリジナルドラマ マーベルシリーズ最新作「デアデビル」シーズン3配信開始!

youtu.be

 

デアデビル」(原題 DAREDEVIL) 主演 チャーリー・コックス

 

3-1「復活」

 

 かつて超人たちと共に世界を救い、そして傷つき倒れ、行方不明となったとされた男は教会の人間に拾われていた。朦朧とする意識のなか、耳から拾った眼前にはシスターの、そして脳裏には愛した暗殺者の姿が浮かぶ。

 数週間たち、マットは意識をとりもどした。右耳が聞こえずバランスがとれない。音が無くては何も見えない。これではまるで、幼き頃の自分のようではないか。

 

 ベッドに寝かしつけられたマットの元に神父がやってきた。ここは聖アグネス児童施設…かつて、自分が育った場所だった。マットの意識は今もエレクトラに注がれていた。どうやら、彼女は見つかっていないようだが。

 

 カレン・ペイジはかつてのマットの家にいた。正体を明かされた時のことが思い起こされる。彼との思い出が…思い起こされる。デアデビルであることを伝えられた後、その能力の高さを教えられた。もうデアデビルに戻らないと約束してくれたのに…

 と、そこにフォギー・ネルソンがやってきた。カレンが呼んだのだ。カレンはマットの家の家賃を払い続けていた。しかし支払いが滞り始め、フォギーにアドバイスを求めようとしたのだった。しかし、フォギーの答えは予想通りの、マットの死に目を向けろというものだった。フォギーもまた、彼にスーツを渡した罪悪感と戦っているのだ。だがカレンはマットが生きていると、どこかで感じていた。フォギーは彼女の言葉に従い、ともにマットを待ち続けることを約束する。

 

 刑務所には巨体の男がいた。ウィルソン・フィスク…かつてキングピンと呼ばれた男だ。彼は部下からアリアンナの帰国が難しいという情報を受けていた。

 

 ある日、それはやってきた。自棄になり、神の本性を見たと自己憐憫をし、死を待つだけだった悪魔は自身の感覚を取り戻したことを実感した。そうなれば話は早かった。マットは体を鍛えはじめた。それを見た神父たちは彼の為にボクサーをあてがってくれた。はじめこそは順調だった。しかし、ボクサーの攻撃が頭にヒットすると、また超感覚をつかめなくなった。

 その後、マットは屋根の上で街を見張るようになった。黒衣とバンダナ…悪魔の姿ではないが、街の為に動いた。今までのようにすべてが見えるわけではなかった。ズタボロになり、大敗した。

 

 一方どこかの家庭では小さな問題が起きていた。幸せな一家、どうやら誕生日パーティのようだ。しかし夫婦には一つ、気にかかることがあった。七面鳥を買おうと思ったらカードが使えなかったのだ。夫は妻に働かせたくなかった。彼は一人の時、金庫から一丁の銃を取り出すと、スーツを着込み、会社…FBIに赴いた。彼は主任捜査官の女性タミーが評価を先延ばしにしていることに不満を抱えていた。FBIではなく、彼女が昇進を邪魔していると。

 タミーが延期し続けていたのは、男が借金を抱えていたからだった。借金を抱えている人物は信用されないし、人事の目に留まる。だから、彼を守っていたのだ。タミーは借金の返済までは昇進も無いことを伝えると、持ち回りの任務を与えた。

 男が…ナディーム特別捜査官が与えれた任務は、ある男との面会だった。ナディームの前にいるのは…フィスクだ。フィスクはナディームに愛する人が苦しんでいることが許せないと語って聞かせた。何があっても彼女を守りたいと。そして、取引を持ち掛けた。

 

 

 

 さて、満を持して配信が開始されましたデアデビルシーズン3!ディフェンダーズ終了後一番の衝撃を残したキャラクターである彼の新ストーリーは正に前回ラストからそのまま地続きでのスタートでした。能力を失ったマット、そして再起をかけて…というより愛するヴァネッサを守るために動くキングピン。二人の物語がどう交差してゆくのか、非常に楽しみです。

 噂によると、今シーズンでデアデビルMCU史上最もダークなヒーローになるということ。今思えば、S1の時点で容赦の無いその姿はDCのダークヒーローバットマンを思い起こさせる戦いぶりでした。それがかつてないほどのダークヒーローになるというのですから期待しかないです。マットの(というかNetflix勢の)ゴリゴリの肉弾戦はもともと素晴らしい出来ですから、今回も楽しませてくれるでしょう。