新米の一歩目

就職をきっかけに本当にやりたいことを見つけた新卒、映画の魅力を人に伝える仕事のために邁進!アメコミ、映画、海外ドラマ、ゲーム、散歩、いろいろ好き。

【アメコミ感想】ヴェノムバース

ヴェノムバース

 

 ジャック・オランタンと戦うヴェノム。それはいつものバトルのはずだった。だが次の瞬間、ヴェノムは時空を超えていた。

 

 降り立ったのはもう一つの地球。エディ・ブロックは、ポイズンなる新種に冒されたこの地球を救うべく、様々な世界から呼び寄せられたヴェノムの一人だったのだ。

 

 ヴェノムとポイズンの大戦に呑まれたエディ・ブロックの運命は……。

 

本書より引用

 

映画公開が近いこともあり、ヴェノム関係のコミックス邦訳が連発されているここ数日、

 

スパイダーマン:ヴェノム VS. カーネイジ (ShoPro Books)

スパイダーマン:ヴェノム VS. カーネイジ (ShoPro Books)

 

 

ヴェノム:リーサル・プロテクター (ShoPro Books)

ヴェノム:リーサル・プロテクター (ShoPro Books)

 

 

その中でもストーリーライン的に一番新しい「ヴェノムバース」をご紹介します。

 

 タイトルから分かる通り、「スパイダーバース」の成功にあやかっていることが丸わかりな今作。内容としてもあらゆる次元から集められたヴェノムが自分たちを駆逐しようとする存在と戦うというほぼ同じものとなっています。しかし、そんなのでは売れないのが分からないはずのないマーベル。しっかりとヴェノムならではの設定を盛り込んでいるため、「スパイダーバース」とは似て非なるものとしてしっかりと確立されています。

 

 物語の始まりはかなり突然。突如として飲み込まれるヴェノム。訪れたのは廃墟の街。

f:id:shoindy:20181101162025p:plain

「Marvel Unlimitedより引用」

 

  そこで出会った白い少年に声をかけ、触れようとしたその時…

「エディ、どう見えたか知らないが今のは危険な存在だ」

 声と共に飛んでくる”黒い円盤”。円盤は少年を殺害します。

キャプテン・アメリカ…けど、変だぜ…キャップが子供を殺すなんて!」

f:id:shoindy:20181101162726p:plain

「Marvel Unlimitedより引用」



 そう、これが、これこそがヴェノムバースの最大の特徴。スパイダーバースで登場するスパイダーマンたちはあくまでピーター(もしくはピーターのポジションに取って代わったベンやグウェン)でした。しかし、ヴェノムバースで登場するあらゆるヴェノムは、元々”個”として存在していたヒーローにシンビオートが取り憑いた存在なのです。

f:id:shoindy:20181101163340p:plain

「Marvel Unlimitedより引用」

 

 出てくるヴェノムは多種多様で、そして有名なキャラクターばかり。ちなみにこのコマではキャプテン・ヴェノム、アントヴェノム、ブラックパンサー、ホストライダー(ゴーストライダー)、スパイダーマン(シンビオートを受け入れたピーター)、ウルヴァリン(ローラ)、ヴェノム・ロケット、オールドマン・ヴェノム、スピナレット(MJ)、マニア(シンビオートのクローンと融合した少女)、エージェント・ヴェノム、ヴェノムプールです。なんともね、映画の影響を感じる面子ですよね。

 

 そしてそんな圧倒的な戦力なヴェノム達を脅かすのが”ポイズン”という新種の存在。見た目は白くてちっこいエイリアンの様な生き物。しかしヴェノム一人ひとりの心の弱みにつけこんだ見た目(スパイダーマンならメイおばさんなど)に映り、ヴェノムが触れると消化し、本体の性質を引き継いだ”ポイズン”となります。

 

f:id:shoindy:20181101170027p:plain

「Marvel Unlimitedより引用」



 

 ポイズンの圧倒的な火力(開始時点でハルクはポイズン化している)、そして素のポイズンには触れられたら1発OUTというかなり厳しい状況の中展開されるストーリー。なんならヴェノムはヴェノム・ストレンジが連れてくる他ないのに、ポイズンはその連れてきヴェノムをポイズン化しますからね、不利なのは一目瞭然です。さらに、主人公のエディ・ブロックは何の追加要素もない素のヴェノム、生き残るのは絶望的です。実際ポイズン・グウェンプールにキャラ薄すぎって言われてますしね。そんな中彼のアイデアで連れてこられた最凶のアイツも加わり物語はどんどん盛り上がっていきます。

 しかし、実は今作で終わりではなく、完結は来月発売される「エンド・オブ・ヴェノムバース」までお預け。今作はスパイダーバースと同様”エッジ”と”エンド”を含めた3部構成なのです。ポイズンが世界…いえ、宇宙にまで広がってゆくなか、エディの命運が楽しみですね!