新米の一歩目

就職をきっかけに本当にやりたいことを見つけた新卒、映画の魅力を人に伝える仕事のために邁進!アメコミ、映画、海外ドラマ、ゲーム、散歩、いろいろ好き。

デアデビル シーズン3 第12話感想

youtu.be

 

3-12「最後の賭け」

 

 

 マットらの計らいによりナディームとその家族はマホニー警部の家に避難することになった。ナディームの妻は今まで彼が何も教えてくれなかったことに怒っている。何でも話す…何度もした約束を今回も守れなかった。彼女はもうナディームを信じられない。

 

 一方自由になったフィスクは当初から渇望していたヴァネッサの奪還を叶えていた。彼女を無事に取り戻し、ホテルへと帰る。今はデックスの報告であろうと聞き入れず、二人だけの時間を過ごすのだ。しかし、ヴァネッサは思ったより憔悴しているようであり、眠りについてしまった。

 

 一方フォギーはマホニー警部の力を借りてタワー検事に出会っていた。自分が選挙戦から降りることを条件に話を聞いてほしいと頼む。フィスクの話だと知ったタワーはすぐに会話を辞めようとしたが、フォギーは家族が盾に取られていることを彼に伝える。もし自分が勝ったとしても、フィスクに操られるだけなのだ。どっちにしろ、フォギーは選挙戦を降りるつもりだった。

 タワーは折れ、フォギーと共にナディームに会いに来た。ナディームがタワーに対し、目撃した犯罪の話を聞かせる。

 マットとフォギーが提案した条件はナディームの免責。タワーは殺人の免責なんて認められないと言い張り、5年の収監を提示した。意見が対立する。しかし、ナディームがそれを…5年の収監を認めた。自分は確かに殺人を見て見ぬふりをした。それは罪なのだと。

 

 一方カレンはエリソン編集長に内密で出会っていた。デアデビルの正体は教えられないが、と前置きをして、ブレンティンを襲った男の正体がポインデクスターだと伝える。そしてマスコミを集めるよう彼に頼んだ…カレン・ペイジが声明を出すと。

 

 デックスはフィスクからと、ある絵をヴァネッサに見せていた。それは、前回の話の中でフィスクが女性から取り戻そうとした絵だ。しかし、その絵はもともと女性のもので、彼女の凄惨な過去を聞いてフィスクは諦めたはずだった。デックスが言うには、もう一度頼みに行ったのだという。デックスがその女性を殺めるか傷つけ、その絵を奪ったのは火を見るより明らかだ。果たして、これはデックスの独断なのか、フィスクの指示なのか…

 

 マットはナディームと共に開かれる大陪審の会場を目指していた。ナディームが証言するためだ。しかし、道中フィスクの手下に襲撃されてしまう。デアデビルではなくマットとナディームでその場の脱出を目指すため、マットが周辺の音を探り、ナディームに指示を出す。

 

 なんとか時間内に間に合うマットとナディーム。カレンの手配で彼の家族は親族のいるデリーに逃げる準備ができている。そして、ナディームの証言が始まった。

 証言が始まると、カレンも裁判所の前で声明をあげる。

 証言が終わり、ナディームが出てきた。裁判所に入る事が確定しているが、その表情は達成感に満ちている。しかし、不穏なことが起き始めた。いや、正確には不穏な音がマットにだけ聞こえてきた。

 マットが聞いているのは陪審員室の中の音だった。そこでは、ある男性が他の陪審員の住所を読み上げている。男性は覚えさせられたと怯えていた。フィスクの脅しはてき面だった。誰だって自分の身が可愛いものだ。陪審員はフィスク側につき、フィスクの起訴は見送られ、カレンはうそつき呼ばわりされることになってしまった。そしてマットはやはり、法ではどうにも出来ないのだと思うようになってしまった。

 

 部屋に戻ったフィスクは絵を見て驚愕した。やはりデックスの独断だったようだ。そして、ヴァネッサと同様、額縁の血痕に気が付いた。

 ヴァネッサはフィスクに人生をもっと共有してほしいと説得した。締め出さないでほしいと。結果、フィスクはヴァネッサを地下の監視室へ案内することになる。そしてヴァネッサに聞かせないようにしていたあらゆる情報を聞かせることにする。

 

 ナディームはフォギーに謝りながら殴りたおし、自宅へと戻ってきていた。そして妻と息子にビデオメッセージを撮り始める。

 やがて日が落ちると、ナディームの元にデックスがやってきた。始め、フィスクはナディームを犯罪者に仕立てあげようとした、しかし、ヴァネッサのアイデアで殺害してしまうことにしたのだ。

「来たのが君でよかった」

 デックスを見たナディームからは何の驚きもなかった。銃を向けるデックス。短い会話の後、ナディームに向かって銃弾が放たれる。デックスが彼の遺体を確認し、その場を後にする。

 

 

 

正体隠す系ヒーローの正体知った奴、大概死ぬ説

 

を地で行くような展開である今回。スパイダーマンとかね、コミックスでは定番ですよね。なんなら彼は歴史改変したレベルですし。ということでラストに向けてどんどん展開していくデアデビル。ナディームが死亡し、ヴァネッサがヴィラン化しました。これは…フィスクは次回で負けてヴァネッサが跡を継ぐパターン臭いですね。

 そしてナディームの死によりマットはほぼ確定でフィスクを殺害しにいくでしょう。フォギーとカレンはそれをどう止めるのか、というかフィスクと決戦云々もありますがデックスすら倒せていないので、どう対処していくのか、見ものですね。