新米の一歩目

就職をきっかけに本当にやりたいことを見つけた新卒、映画の魅力を人に伝える仕事のために邁進!アメコミ、映画、海外ドラマ、ゲーム、散歩、いろいろ好き。

自分の人生に決着をつけるためにも

ミックス。

 

ミックス。」(主演 新垣結衣瑛太

 

 富田多満子はかつて、天才卓球少女として名を馳せていた。厳しい母の元、卓球一筋で育てられ、卓球が全ての幼少期だった。多満子はそんな卓球が…大嫌いだった。母のスパルタは多満子にとって恐怖でしかなかった。

 

 やがて、母が他界し、多満子は自由を得た。卓球を卒業し、遊びまくった。そして普通の企業に就職し、普通の人生を送り始めた。そんなある日、会社で創設された卓球部の期待のエースとして江島というイケメンがやってきた。江島と多満子は気が合ったのか、付き合い始めた。多満子の人生はバラ色に輝いた。しかし、突如として彼女の人生に陰が差した。社に新しくやってきた実力派の美女小笠原愛莉と江島が不倫している現場に出くわしてしまったのだ。

 

 多満子は逃げた。社を逃げ、実家に引きこもった。何もしない毎日…そんな時、元クラブ仲間で姉御肌の吉岡が卓球クラブのコーチをやらないかと声をかけてきた。多満子は嫌々ながらもクラブのコーチを請け負うことになった。

 クラブの初日、多満子は衝撃的な出会いをした。その男は、実家に帰る道中見かけた変質者だった。萩原と名乗った男は元プロボクサーで、離婚してしまったため会えなくなった娘とラリーする為にクラブに入ったのだった。萩原と多満子はミックスを組んで、試合に臨む事になる。妻を失った男と、男を失った女のミックスペアは、やがて卓球界を揺るがす事になる。

 

 

 卓球のミックスをテーマにしたラブコメ映画「ミックス。」です。ラブコメという名にふさわしく見事なまでにラブとコメをフュージョンさせ、笑えて感動できる底抜けに明るいサクセスストーリーとなっています。視点は新垣結衣演じる多満子ですが、瑛太(萩原役)とダブル主演という事もあり、萩原にもしっかりバックストーリーが描かれている他、多満子たちの所属する「フラワー卓球部」の面々が抱えている事情にも丁寧に触れられています。伏線…というかニクい演出も結構用意されており、通っている中華料理屋の2人組とか、敵と対峙した時に出てくる人名と型の紹介のフラワー卓球部組が最終戦で出てきたりとか、吉岡が若いころ赤髪だったこととか、細かいところで心をグッとつかんでくれます。

 コメディとしても”THE 日本のコメディ”って感じで上手いこと出来ており(静かなコメディじゃないほう)十分に楽しめますし、スポコン物としてもよく出来ており、最終戦は、演出が本当に熱いです。手に汗握るってやつですね。

  

 そして、このフラワー卓球部の面子がまた上手いこと出来ています。この卓球部の中に、実は一人だけ高校生がいます。佐々木優馬という青年の彼は不登校であるという事情を抱えているのですが、そんな所より”彼が高校生”というのが重要だったりします。

 というのも、物語の中盤、多満子と萩原がペアとして最高の状態になったころ、フラワー卓球部は存続の危機に見舞われるのです(ありがちですね)。部が、というより多満子、萩原ともに人生の再起のきっかけを得てしまい、卓球よりそちらを優先するのです。”人生の再起のきっかけを得た”のだから、周りのフラワー卓球部は飲み込み、二人の決断に口を出しませんでした。みんな、既に卓球が大切なものになっていた事は分かっています、ですが卓球を優先しろなんて言えるわけありません。しかし、佐々木君だけは違います、彼だけは青臭いのです、心を押し込めることが出来ないのです。そんな彼が残りの卓球部のメンバーを青臭くしてくれます。でもこう思いません?

大人だって青臭くていいじゃない。

人は若い時にはかっこいいと思い斜に構え動かず、少ししてそれがかっこ悪いと気づきますが、大人になると時間がないから、とか体力が持たないから、って思って動かなくなります、めんどくさい生き物ですね。でもね、人が輝いているのはいつも泥だらけで青臭く奮闘している時なんですよね。

 

 あ、あとラストはもっと王道的でよかった気もしますね。エピローグはめっちゃよかったけど。

 

 

 

ミックス。 通常版DVD

ミックス。 通常版DVD

 

 

ポータブル卓球セット

ポータブル卓球セット