新米の一歩目

就職をきっかけに本当にやりたいことを見つけた新卒、映画の魅力を人に伝える仕事のために邁進!アメコミ、映画、海外ドラマ、ゲーム、散歩、いろいろ好き。

その先に行くために

8マイル(字幕版)

 

「8マイル」(原題 8 Mile) 主演 エミネム

 

 1995年デトロイト自動車産業が衰退したこの街には8マイルと呼ばれるストリートがある。この通りはただの通りではなかった。貧富を、白人と黒人の人種を分け隔てる境界線でもあった。

 ラビットと呼ばれている青年ジミー・スミスJrはそんな8マイルを越えてシティに行くことを夢見ていた。そのための武器はラップだ。しかし”ラップは黒人の者”という強い風潮があり、仲間たちの後押し空しく、ラビットはくすぶり続けていた。

 そんなある日、ラビットは仕事先のプレス工場で魅力的な女性と出会う。アレックスと名乗った彼女もまた、モデルの仕事を武器に8マイルを越えようと夢見ていた。二人はやがて、恋に落ちる。

 しかし、物事は中々うまくいかないものである。妹の幼いリリーの面倒も見ず、仕事もせず、彼氏の保険金と宝くじだけを頼りにしている母親、成功の為に別の男と関係を持ってしまうアレックス、苛立ちと不運は連鎖し、仲間との関係も悪くなっていってしまう。もがき、苦しみながら、青年は成長してゆく。

 

 

 世界的なラッパー「エミネム」の半自伝作品である「8マイル」です。正直、ラップにあまり興味がなく、エミネムにも詳しくないのですが、数年前、知り合いに今作を薦められたまま見ずじまいだったのでついに視聴に至りました。

 さて、今作ですが、僕のように”ラップに興味がないから見ない”という方には是非食わず嫌いを辞めて観てほしい一本となっています。それほどまでにラップの魅力が詰まっていますし、人間ドラマも素晴らしい作品なのです。

 というか、今作のラップバトルって終盤まで登場しないんですよ、冒頭でも行われますがラビットは何も言わずに終わってしまうのです。しかし、最後の最後まで引っ張ったラップバトルは本当にスゴイ。よくこんなに言葉が思いつくなと感心してしまいます。即興でここまで相手の特徴やラップを逆手にとって煽れるのは本当に頭が良くないと出来ないですよね!それに、ラップバトルは終盤まで使われないとはいえ、バトルじゃないラップは作中何度も歌われるので、ちょっと分かるようになった上でのラップバトルが見れる楽しみもありますね。ちなみにラスボスはアンソニー・マッキーですよ、ファルコン!

 

 そして人間ドラマ部分。ここがまた素晴らしいです。エミネムが見事にもがき苦しむ若者を演じています。アイドル映画というレッテルを覆しただけはあります。ラビットにある武器は本当にラップだけなのがいいですよね、あくまで等身大の青年を上手く描けています。また、いつも面倒を見てくれているフューチャーとの関係が父親との関係のようでこれがまた巧い。まぁラビットは「父親面すんなよ!」と怒っているのですが、それも含めて父親との関係っぽいですよね。

 

 

 

8マイル(字幕版)

8マイル(字幕版)