新米の一歩目

就職をきっかけに本当にやりたいことを見つけた新卒、映画の魅力を人に伝える仕事のために邁進!アメコミ、映画、海外ドラマ、ゲーム、散歩、いろいろ好き。

本当に大切なのは、自分在り方

シュガー・ラッシュ (字幕版)

 

シュガー・ラッシュ」(原題Wreck-It Ralph) 主演 ジョン・C・ライリー/山寺宏一[日本語吹き替え](声での出演)

 

 

 とあるゲームセンターには「フィックス・イット・フェリックス」という筐体があった。30年前から稼働し続けるそのゲームは、大男ラルフが壊すビルをフェリックスが修理するというものだった。ゲームをクリアすると、ラルフは決まって住人の手によってビルの屋上から落とされた。

 ゲームの中の関係を表すように、実際にラルフは皆から疎まれる存在だった。自分ひとりだけ画面端のゴミ溜めに住み、寂しい毎日を送っていた。

 ゲーム稼働30周年のある日、ラルフが帰宅すると、ビルが騒がしかった。どうやら30周年パーティーを開いているらしい。自分は誘われてない…ラルフは我慢できなくなり、フェリックス達のいるビルに押し入った。しかし歓迎はされなかった。

 

 ヒーローのメダルがあれば…俺もみんなと…そう考えたラルフがメダルを求めて迷い込んだのは、レースゲーム「シュガー・ラッシュ」の世界だった。ラルフはそこで、”存在してはいけないプログラム”と忌み嫌われている少女ヴァネロペと出会う。メダルを手に入れたい…レースに出場したい…二人の思惑が交差し、ゲームの世界を揺るがし始める…

 

 「シュガー・ラッシュ:オンライン」の公開をきっかけに、現在Dlifeで無料配信している「シュガー・ラッシュ」です。実は今まで見たことが無いものの、非常に興味があったので、絶好のタイミングでした。

 

vod.dlife.disney.co.jp

 

 ディズニーの実力を知る。マジで面白い。

 

 正直、今作が公開されたばかりの頃は「別のゲームのキャラクターをゲストに出すなんて、ディズニーももうダメだな」なんて調子の乗ったことを考えていました。そんな事を思いながらも”オンライン”ではベイビーグルートが出るからと興味を持ってるんですから、ダサいもんです。そんな印象からか劇場公開時に見逃した本作、テレビ放送も見逃したのですが、もうマジで後悔しました。いやこんなに面白かったとは。どれくらい面白かったかというと、本当は今日の午前中見ようと思ってたのに、昨夜ちょっと見てみたらのめり込んでしまって結局見終わっちゃったってぐらいです。おかげで今日は寝坊しました。

 

 もうね、ストーリーの展開が本当に巧い。有名な話ですが、伏線もしっかりしており、しっかり感動できます。フェリックスの”故障中”が剥がれ落ちた時に事実が判明する演出で思わず唸り、ラルフの”壊す”能力の使い方、フェリックスの”直す”能力の使い方もシンプル故に考えられており関心します。能力でいえばヴァネロペのノイズジャンプも男の子心くすぐるよね、あれ欲しい。

 ヴァネロペの性格もかなりいい設定をしており、喧嘩別れしたラルフとヴァネロペが仲直りするシーンなんて展開をあえてハズしてきており関心しました。というのも、喧嘩別れしたヴァネロペを迎えに行ったラルフに対して、よくある展開では

「あなたの話なんて聞きたくない!」

みたいな感じだと思うんですよ、しかし今作では反省したラルフの表情を読み取ったヴァネロペは

「それから~?」

と(憎たらし気にも)ラルフの謝罪をしっかり受け止めるのです。このハズしかたがめっちゃ好きでした。ヴァネロペの生意気な感じが出てて素晴らしいです。

 

 そして何より巧く、感動するのはやはり”ゲームの最後にはアパートから落とされる”というフェリックスのゲームお決まりの演出。悪役である自分が嫌で、ひどい扱いを受ける自分のゲームが嫌なラルフが、ラストでは”住人に持ち上げられる瞬間”が好きになります、その理由というのが最高に最高!(語彙力)マジで感動しました。

 

テーマは差別を自己嫌悪

 今作のメッセージは差別と自己嫌悪でしょう。差別はヴァネロペ、自己嫌悪はラルフですね。ヴァネロペに関しては完全に「みにくいアヒルの子」ですね、ちょっと違うだけで差別しちゃいけないよ、的な。悲しいのは大人が差別を助長していることですね。完全に「うちのママがあの子は○○だから関わっちゃいけないって~」ってやつでした。胸くそ悪いね。

 そして自己嫌悪はラルフ。自分の境遇を呪って、嫌われている立場を恨んでいたラルフ、物語が終わってもラルフの境遇は全く変わっていません。しかしラルフの心は晴れ渡っていました。それは考え方が変わったから。考え方が変わればこんなにも見える世界が変わるんだよ、という事がよく分かります。

 

 

 無料で見ることが出来るのは2018年12月23日まで!まだ見たことが無い方は是非、見てみてください!!